ミシガン大指数への反応は限定的 ドル円は106円台半ば=NY為替速報

為替 

 日本時間23時に発表になった8月調査分のミシガン大消費者信頼感指数(速報値)は72.8と前回から若干上昇し、予想も上回った。この発表を受けドル円もやや買い戻しの反応を見せたものの、大きな動きには至っていない。

 米国での感染第2波が依然として収束の気配を見せない中で、追加経済対策で与野党の対立が続いており、失業給付の上乗せも失効している。そのような中で米消費者のセンチメントへの影響も懸念されたが、今回の指標からはそうでもなかた。

 ドル円は106.50円付近、ユーロドルは1.1830ドル近辺での推移となっている。

ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)(8月)23:00
結果 72.8
予想 72.0 前回 72.5

USD/JPY 106.53 EUR/USD 1.1831

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標