アジア株 まちまち、上海株は大幅続伸

株式 

東京時間18:02現在
香港ハンセン指数   25183.01(-47.66 -0.19%)
中国上海総合指数  3360.10(+39.37 +1.19%)
台湾加権指数     12795.46(+32.33 +0.25%)
韓国総合株価指数  2407.49(-30.04 -1.23%)
豪ASX200指数    6126.25(+35.25 +0.58%)
インドSENSEX30種  37780.75(-529.74 -1.38%)

 14日のアジア株はまちまち。上海株は大幅続伸。7月の中国の小売売上高や鉱工業生産が予想から下振れしたことが重荷となって、売りに押される場面も見られたが、終盤にかけて上値を伸ばした。韓国株は急反落。新型コロナウイルスの新規感染者が100名を超えたことなどが嫌気されている。台湾株は小幅続伸。

 上海総合指数は大幅続伸。酒造会社の貴州茅臺酒、銀行大手の中国工商銀行調味料メーカーの佛山市海天調味食品、不動産会社の保利置業集団、家電製品メーカーの青島海爾、化学品メーカーの万華化学集団が買われた。
   
 香港ハンセン指数は小幅続落。前日終値を挟んでもみ合い。保険会社の友邦保険控股(AIAグループ)、電力会社の中電控股(CLPホールディングス)、銀行大手の中国建設銀行が買われる一方で、世界的金融グループのHSBCホールディングス、通信関連サービスの騰訊控股(テンセント・ホールディングス)、医薬品メーカーの中国生物製薬(シノ・バイオファーマシューティカル)が売られた。
   
 豪ASX200指数は反発。決済サービス会社のアフターペイ、ソフトウェアサービスのコンピュータシェア、道路建設会社のトランスアーバン・グループ、航空会社のカンタス航空、ギャンブルマシン製造・販売のアリストクラート・レジャーが買われた。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 4
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

DMM FX 21

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 5
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 12
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
DMM FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC