メルクが上昇 パンデミックで減収もキイトルーダの収入が補う=ダウ採用銘柄

株式 

 薬品のメルクが上昇。4-6月期決算(第2四半期)を発表しており、1株利益、売上高とも予想を上回った。同社の製品はその3分の2が医師による処方薬だが、パンデミックの影響で病院の通常診療に影響が出たことで、16億ドルの収益を失い、全体の売上高は8%の減収となった。しかし、主力薬のキイトルーダの売上高は29%増加している。同社は、2020年のパンデミックの売上高への影響を19.5億ドルと推定しているが、従来の予測よりも僅かに小さくなった。

 同社は、「2つのワクチンと1つの新薬の開発を他社と競っているが、そのマイナスの影響が第2四半期の収益を圧迫した」と述べた。また、「第3四半期を通じて緩やかな回復し、第4四半期には通常の営業レベルに戻ることを見込んでいる」とも語った。

(4-6月・第2四半期)
・1株利益(調整後):1.37ドル(予想:1.07ドル)
・売上高:108.7億ドル(予想:105億ドル)
  キイトルーダ:33.9億ドル(予想:31.9億ドル)
  ジャヌビア/ジャヌメット:13.4億ドル(予想:13億ドル)
  ゼチーア/バイトリン:1.75億ドル
  ガーダシル:6.5億ドル(予想:6.9億ドル)
  アイセントレス:2億ドル(予想:2.1億ドル)
  シンポニー:1.9億ドル(予想:1.9億ドル)

(通期見通し)
・1株利益(調整後):5.63~5.78ドル(従来:5.17~5.37ドル)(予想:5.32ドル)
・売上高:472~487億ドル(従来:461~481億ドル)(予想:473.6億ドル)

(NY時間10:29)
メルク 79.28(+0.29 +0.37%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

外為どっとコム 97

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

みんなのFX 84

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

LIGHTFX 82

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.9 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

LIGHTFX 66

ドル円 8
豪ドル円 2
トルコリラ円 21

DMM FX 65

ドル円 6
豪ドル円 5
トルコリラ円 ---

みんなのFX 61

ドル円 6
豪ドル円 2
トルコリラ円 21
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC