アジア株 まちまち、新型コロナへの警戒感は根強い

株式 

東京時間18:18現在
香港ハンセン指数   23352.34(-174.85 -0.74%)
中国上海総合指数  2764.91(-16.68 -0.60%)
台湾加権指数     9736.36(+91.61 +0.95%)
韓国総合株価指数  1686.24(-18.52 -1.09%)
豪ASX200指数    5113.29(+115.22 +2.31%)
インドSENSEX30種  29590.91(+1055.13 +3.70%)

 26日のアジア株は、まちまち。東京午後には米上院でようやく2兆ドル規模の新型コロナウイルス対策法案が成立したことで、下げ渋りや上昇に転じる市場もあった。ただ、新型コロナウイルス感染拡大への警戒感は一段と高まっており、戻りが一服すると売りに押される市場もみられた。

 上海総合指数は反落。一時プラス圏も維持できなかった。酒造会社の貴州茅臺酒、石油大手の中国石油天然気(ペトロチャイナ)、自動車メーカーの上海汽車集団、電力会社の中国長江電力、セメントメーカーのコンチセメントが売られた。
   
 香港ハンセン指数は反落。世界的金融グループのHSBCホールディングス、保険会社のAIAグループ、都市ガス会社のホンコン&チャイナ・ガス、複合企業の中国中信(シティック)、ホテル・娯楽施設運営のギャラクシー・エンターテインメントが売られた。
   
 豪ASX200指数は大幅続伸。決済サービス会社のアフターペイ、ソフトウェア会社のテクノロジー・ワン、病院経営のラムゼー・ヘルスケア、医療診断サービスのソニック・ヘルスケアガス・石油の探査会社のオイル・サーチ、石油会社のカルテックス・オーストラリアが買われた。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 10
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 10
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

DMM FX 21

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 9
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 12
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
DMM FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC