「イメージ+ファンダメンタルズ(戻り売り) VS テクニカル(買い戻し)」…!? - ドル円

達人の予想 

◆ とりあえず“一服” - 110円台

※ご注意:予想期間は2月28日と表示されていますが、本日(2月27日)の東京・欧州・NY市場の値動きを想定した記述となります。


昨日の“110円割れ”を窺うには至らず、ドル円は“110.70円”まで一時反発する場面を見せました。
また“2日で1900ドル超の急落”を演じたNYダウも、昨日は“460ドル超の反発”を見せるなど、昨日は“買い戻し”が目立ちました。
しかし結局は“5日連続の続落(NYダウ)”、“連日の史上最低水準更新(米10年国債利回り)”となったこともあり、“戻りの鈍さ”が目立ちました。

◆ “神経質な膠着”が本日も基本路線・・・?

「(過度の)リスク回避姿勢」は“一服”しているものの、まだまだ“払拭”されたわけではありません。
このため本日も「戻り売り VS 買い戻し」が交錯する展開が想定されるところです。

「イメージは下方向」「積極的な買い材料は見当たらない」は変わっておりません。
一方で昨日も記したように、「長期下落トレンドライン突破」という状況に変化はなく、“買いシグナル”とされる「三役好転」も日足・週足の一目均衡表で続いています。

もちろん「長期下落トレンドを巡る攻防戦」「株式動向を睨みながら」というのも変わっていませんので、一概にいうことはできません。
それでも、そしてやはり「過度のリスク回避姿勢(悲観論)」は避けたいところです。

◆ ドル円 抵抗・支持ライン

上値5:111.200(月足・一目均衡表先行スパン上限/下限)
上値4:111.038(2/25高値、2/20~2/25の50%戻し、大台、ピボット2ndレジスタンス)
上値3:110.938(日足・一目均衡表転換線、+1σ)
上値2:110.781(2/20~2/25の38.2%戻し)
上値1:110.698(2/26高値、ピボット1stレジスタンス)
前営業日終値:110.408
下値1:110.261(日足・一目均衡表基準線)
下値2:110.131(2/26安値、20日移動平均線、ピボット1stサポート)
下値3:110.000(大台、50月移動平均線)
下値4:109.936(週足・一目均衡表転換線、20月移動平均線、2/25安値)
下値5:109.836(2/19安値、100週移動平均線、2/3~2/20の61.8%押し、ピボット2ndサポート)

執筆者 武市佳史

執筆者 : 武市佳史|株式会社マネーパートナーズ チーフアナリスト

株式会社マネーパートナーズ チーフアナリスト。日本におけるFXの草創期より業務に従事。現在は週刊為替コラム「武市のなぜなにFX」の執筆やWebセミナー講師を務めるのみならず、日経CNBCを始めとする数々のメディアに出演・寄稿中。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 23
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 18
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

DMM FX 21

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 19
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 12
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
DMM FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標