今夜の注目材料は=外為どっとコム総研 川畑琢也

東京市場のドル/円は111.30円台まで値を上げるも、日経平均が軟調に推移する中では上値は重く、その後はやや押し戻されています。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

1/12(金)
22:30☆12月米消費者物価指数
22:30☆12月米小売売上高
24:00 11月米企業在庫
25:30 バイトマン独連銀総裁、講演
26:00 ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演
30:15 ローゼングレン米ボストン連銀総裁、講演
※☆は特に注目の材料

米国で12月消費者物価指数が発表されます。昨日の米12月生産者物価指数・前月比が予想外の低下となった事でインフレ低迷が懸念される中、市場予想(前年比+2.1%、コア・前年比+1.7%)を下回る伸びに留まるようですと、ドル売りが一段と加速する事も考えられます。同時刻に発表される米12月小売売上高(市場予想:前月比+0.5% 除自動車・前月比+0.4%)は、米国の消費動向を知る上で注目です。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:110.600-111.800円)

出所: みんなの株式

為替ニュース/コラム

一覧を見る