アジア株 総じて上昇、上海株は小反落

株式 

東京時間18:03現在
香港ハンセン指数   20644.28(+41.76 +0.20%)
中国上海総合指数  3085.98(-7.72 -0.25%)
台湾加権指数     16296.86(+240.77 +1.50%)
韓国総合株価指数  2625.98(+5.54 +0.21%)
豪ASX200指数    7182.66(+70.13 +0.99%)
インドSENSEX30種  54258.16(-60.31 -0.11%)

 18日のアジア株は総じて上昇。前日の米国株は上昇したことで、アジア株はおおむね買い優勢で推移した。上海株は前日終値を挟んでもみ合いとなり、小反落となった。中国での景気減速への警戒感が根強く、圧迫要因となった。ただ、上海市でのロックダウン解除への期待感から底堅い動きとなった。
   
 上海総合指数は小反落。自動車メーカーの長城汽車、鉄鋼メーカーの宝山鋼鉄が買われる一方で、銀行大手の中国工商銀行、免税品などの販売会社の中国旅遊集団中免、酒造会社の貴州茅臺酒が売られた。
   
 香港ハンセン指数は小幅続伸。機械メーカーの創科実業(テクトロニック・インダストリーズ)、再生エネルギー製品メーカーの信義光能(シンイー・ソーラー)、不動産開発会社の龍湖集団(ロンフォー・グループ)が買われる一方で、医薬品メーカーの薬明生物技術(ウーシー・バイオロジクス)、インターネット関連サービスの騰訊控股(テンセント・ホールディングス)が売られた。
   
 豪ASX200指数は続伸。資源・鉱山会社のBHPグループ、金属・鉱業会社のサウス32、ソフトウェア会社のブロック、会計システム会社のゼロ、道路建設会社のトランスアーバン・グループ、物流サービスのブランブルズが買われた。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 33
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 39
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 30
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2022年7月30日(土)午前3時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。(スプレッド調査日2022年7月15日)

外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標