米10年債利回りは一時1.51%台も続かず=NY債券概況

債券 

 26日に一時1.61%台を付けた米10年債利回り、その後は調整の動きが広がっていたが、NY市場にはいってふたたび上昇傾向が見られ、一時1.51%台まで上層。1.61%を付けた後1.45%前後までの低下にとどまり、そこからの下げが進まなかったことを受けての動きと見られた。

 米インフレ期待は依然として継続。今週のパウエル議長による議会証言で景気見通しに慎重姿勢が見られ、テーパリング期待が後退していることなども、米株が上昇しやすい流れとなっている。

 しかし、その後NYs以上午後にかけて米債利回りの上昇は一服。週末を前にした調整などが意識された。26日の一時的な米債利回りの急騰について、建玉残高の暫定データなどから、持ち高調整が1.50%を超えたところで一気に出たことによるものという観測報道が見られ、こうした債券売りは続かないとの思惑が、債券価格の上昇(利回り低下)を誘い、引けにかけて1.37%台まで低下する場面も見られた。

米国債利回り(NY時間16:41)
2年債   0.129(-0.043)
10年債  1.405(-0.115)
30年債  2.151(-0.123)
期待インフレ率  2.148(+0.016)
※期待インフレ率は10年債で算出

各国10年債
ドイツ  -0.260(-0.028)
英 国  0.820(+0.036)
カナダ  1.352(-0.108)
豪 州  1.917(+0.184)
日 本  0.162(+0.009)

MINKABU PRESS 山岡和雅

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

セントラル短資FX 24

ドル円スプレッド 0.1銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 0
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 16
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
セントラル短資FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC