レッドボールが下落 レッドソックス親会社との交渉打ち切り=米国株個別

株式 

 特別買収目的会社(SPAC)のレッドボールが下落。同社の共同創業者は映画「マネーボール」で題材として取り上げられたメジャーリーグのオークランド・アスレチックスのGMであるビリー・ビーン氏。

 同社はボストン・レッドソックスの親会社であるフェンウェイ・スポーツグループと80億ドル規模で合併し、再上場する協議を昨年から行っていた。しかし、両社の協議は折り合わず、交渉は一旦打ち切りになったと伝わっている。フェンウェイ・スポーツグループは英プレミアリーグのリバプールも所有する。両社ともこの報道へのコメントを控えている。

(NY時間10:39)
レッドボール 10.65(-0.24 -2.16%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC