ドル売り円高の流れ強まる、リスク選好の流れ継続

見通し 

ドル売り円高の流れ強まる、リスク選好の流れ継続

ドル円は直近安値下回る展開、ジョージア州での上院決選投票などもにらみドル安続く

南アランド軟調。新型コロナウイルスの感染拡大懸念広がる

【東京市場】午後に入ってドル安強まる

 ドル円は午後に入ってじりじりと値を落とし102円台を再び付ける動きを見せた。
昨日102円70銭台まで値を落とし、パンデミックでの振幅後の最安値を付けたドル円は、
米株の下落などを受けたリスク選好の後退もあってドル買いが広がり103円台を回復。
NY市場で103円20銭台を付けた後103円10銭台を中心としたもみ合いとなって東京朝を迎えた。
東京市場でも午前中は103円10銭台を中心とした推移が続いたが、その後ドル売り円買いの動きが優勢に。
 昨日大きく値を落とした米株について、時間外先物での買い戻しが見られたことでリスク警戒の動きが一服。
ドル売りの動きが広がった。NY市場で1.2310台から1.2240台までユーロ売りドル買いが進んだユーロドルが1.2270台での推移に。
昨日0.7740近辺から0.7642までと対ドルでほぼ100ポイントの下げを見せた豪ドルが0.77台を回復するなど、ドルは全面安基調となった。

 ここ数日一日当たりの感染者数が5万人を超えるなど、新型コロナウイルスの変異種問題もあって感染拡大が深刻な英国。
昨日イングランド全域でのロックダウンが宣言されたこともあり、
ユーロドルなど以上にポンド売りドル買いの動きが強まった後を受けての東京市場では、
ドル全面安基調の中でじりじりと上昇も戻りがかなり鈍く、ロックダウンに対する警戒感が見られる展開。
1.37台から1.3540台まで値を通したポンドドルは1.36手前までの買いにとどまっている。

【ロンドン市場】ドル安円高の流れ、新興国通貨売りの動きも

 ロンドン市場でドル円は102円80銭前後まで値を落とす流れとなった。
新型コロナウイルスの変異種問題もあって、感染第3波の勢いに対する警戒感が強まっており、リスク警戒の円高が優勢に。
一方で米ドルの先安観は継続しており、ドル円はドル安円高両面から頭の重い展開に。
東京市場午後からのドル安円高基調が継続する形で、102円80銭前後まで値を落とす格好となった。

 ロンドン朝方はいったんドル買いの動きが優勢となる局面が見られドル円は102円90銭前後から103円ちょうど近辺に値を戻した。
しかし、下げて始まった欧州株がすぐに買い戻されて英FTや独ダックスなどが一時プラス圏推移となったことで、
リスク選好のドル売りが広がりドル円もすぐに値を通す格好に。その後欧州株はマイナスに転じるもドル安円高の流れが継続し、
ドル円は頭の重い展開に。

 ユーロドルは朝方のドル買い局面で1.2255前後を付けた後、ドル売りが強まる格好となり、一時1.2290前後まで。
その後は1.23手前の売りに押されて1.2270前後に値を落とした。ユーロ円は東京午後の円買いの流れが継続する形で朝方126円16銭前後まで。その後はユーロ買いの動きもあって値を戻し126円台前半でのもみ合いに。

 そのためだったのは新興国通貨売りの動き。新型コロナウイルスの感染拡大への警戒感が
南アランドやメキシコペソ、ブラジルレアルなどの売りにつながった。とくにここにきて感染拡大の動きが顕著で、
行動制限の動きを強化しているものの、さらに強い制限が必要と見込まれている南アランドの売りが目立ち、
ランド円はロンドン朝の7円02銭前後から6円83銭を付ける動きとなった。ドルランドも14.65前後から15.00を超えて15.06前後まで。

【NY市場】ドル円は102円台に

 ドル安円高の流れが強まり夕方にかけて直近安値を割り込む動きを見せた。
ドル全面安の流れからユーロドルがロンドン市場では頭を抑えた1.23手前の売りをこなして1.23台に乗せる動きに。

 ジョージア州での上院決選投票が開始される中、民主党がともに勝利するとドル売り、
共和党が一議席でも取った場合はドル売りは抑えられるもドル買いは限定的との思惑で頭の重い展開が続く。

【本日の見通し】ジョージア州での上院決選投票にらむ展開

 ドルの先安観が強く、ドル円は下方向の意識。
パンデミックでの大きな振幅の中で3月に付けた101円10銭台も中期的な視野に入ってきている。
ある程度の振幅が見られるものの、基本的には上値を切り下げながら下を試す展開で
ドルの重さがかなり印象的。

 今日に関してはジョージア州での上院決選投票がポイントに。
現地時間5日に行われた同決選投票は、現地時間午後7時、日本時間6日午前9時に投票が締め切られ、即時開票が始まる。
情勢は互角とみられている。
民主党が二議席とも抑えた場合は大統領、両院議会を共に民主党が抑える形で
追加経済対策などが進展するとの期待からリスク選好のドル売りがさらに強まると期待されている。
この場合ドル円ももう一段のドル売りが広がると見込まれている。

【本日の戦略】戻り売り

 イベントの結果が東京時間に判明する可能性が高いだけにやりにくさがあるが
基調はドル売りの継続か。
ドル円は戻りを丁寧に売りに回る展開。
103円台前半がすでに重くなっており、売り場探しの展開。
デイトレは103円手前での売りが意識されるところに。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《1/5 火曜日》
    ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  103.13  1.2248  126.32
高値  103.19  1.2306  126.56
安値  102.61  1.2247  126.05
終値  102.72  1.2298  126.29
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《1/5 火曜日の主要株式指数》
日経  27158.63 -99.75
DOW   30391.60 +167.71
S&P    3726.86 +26.21
Nasdaq  12818.96 +120.51
FTSE   6612.25 +40.37
DAX   13651.22 -75.52
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《1/5 火曜日の商品市場》
NY原油先物2月限(WTI)(終値)
1バレル=49.93(+2.31 +4.85%)
NY金先物2月限(COMEX)(終値)
1オンス=1954.40(+7.80 +0.40%)
+—+—+—+—+—+—+—+—+-
《1/5 火曜日に発表された主な経済指標》

【シンガポール】
小売売上高(11月)14:00
結果 7.3%
予想  前回 0.2%(前月比)
結果 -1.9%
予想 -8.1% 前回 -8.5%(-8.6%から修正)(前年比)

【ユーロ圏】
ドイツ小売売上高(11月)16:00
結果 1.9%
予想 -2.0% 前回 2.6%(前月比)
結果 5.6%
予想 4.0% 前回 8.6%(8.2%から修正)(前年比)

ドイツ失業率(12月)17:55
結果 6.1%
予想 6.2% 前回 6.1%

ドイツ失業者数(12月)17:55
結果 -3.7万人
予想 1.0万人 前回 -4.0万人

【スイス】
消費者物価指数(12月)16:30
結果 -0.1%
予想 0.1% 前回 -0.2%(前月比)
結果 -0.8%
予想 -0.7% 前回 -0.7%(前年比)

【カナダ】
鉱工業製品価格(11月)22:30
結果 -0.6%
予想 N/A 前回 -0.4%(前月比)

原材料価格指数(11月)22:30
結果 0.6%
予想 N/A 前回 0.5%(前月比)

【米国】
ISM製造業景気指数(12月)00:00
結果 60.7
予想 56.8 前回 57.5
+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《1/5 火曜日に発表された主なイベント・ニュースなど》

【米国】
*メスター・クリーブランド連銀総裁 
最悪シナリオと下振れリスク幾分減少も、依然として強い不確実性
米経済が回復途上にあるとしても金融政策は長期間にわたって非常に緩和的であるべき。
広範囲にわたる持続可能な回復を支援するために全力で取り組んでいる。

【中国】
*NY証券取引所
中国通信大手3社(中国移動、中国電信、中国聯通)の上場廃止計画を撤回。

+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《本日予定されている主な経済指標》

【ユーロ圏】
ドイツ非製造業PMI・確報値(12月)17:55
予想 47.7 前回 47.7

ユーロ圏非製造業PMI・確報値(12月)18:00
予想 47.3 前回 47.3

ユーロ圏生産者物価指数(11月)19:00
予想 0.2% 前回 0.4%(前月比)
予想 -2.0% 前回 -2.0%(前年比)

ドイツ消費者物価指数・速報値(12月)22:00
予想 0.6% 前回 -0.8%(前月比)
予想 -0.2% 前回 -0.3%(前年比)

ドイツ調和消費者物価指数・速報値(12月)22:00
予想 0.7% 前回 -1.0%(前月比)
予想 -0.6% 前回 -0.7%(前年比)

【英国】
CIPS非製造業PMI・確報値(12月)18:30
予想 49.9 前回 49.9

【米国】
MBA住宅ローン申請指数(1日までの週)21:00
予想 N/A 前回 0.8%(前週比)

ADP雇用者数(12月)22:15
予想 5.0万人 前回 30.7万人(前月比)

耐久財受注・確報値 (11月)7日0:00
予想 0.9% 前回 0.9%(前月比)
予想 0.4% 前回 0.4%(輸送除くコア・前月比)

製造業新規受注(11月)7日0:00
予想 0.7% 前回 1.0%(前月比)

+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
-☆-★-☆-★-☆-★-☆-

執筆者 山岡和雅

執筆者 : 山岡和雅|MINKABU PRESS 外国為替情報担当 編集長

1992年米チェースマンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース)東京支店入行、ディーリングルームに配属され、外国為替ディーラーに。英ナショナルウェストミンスター銀行、RBS銀行などで10年以上外国為替ディーラーとして市場の最前線に。その後大手FX会社などで外国為替市場のアナリストとして個人向けの外国為替情報の配信業務に携わり、2016年3月から、みんかぶグループに参画。 (社)日本証券アナリスト協会検定会員

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

セントラル短資FX 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ -20
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 16
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
セントラル短資FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC