ダウ平均は小反発 感謝祭明けの短縮取引で先ほど取引終了=米国株後半

株式 

NY株式27日(NY時間13:28)
ダウ平均   29910.37(+37.90 +0.13%)
S&P500    3638.35(+8.70 +0.24%)
ナスダック   12205.85(+111.45 +0.93%)
CME日経平均先物 26800(大証終比:+170 +0.63%)

 きょうの米株式市場は感謝祭明けの金曜日で短縮取引となり、先ほど取引を終了した。本日のNY株式市場でダウ平均は小反発。感謝祭休暇明けで目先の感染拡大が予想されるものの、市場では来年の景気回復への楽観的な見方が根強いようだ。感染拡大の影響で年序盤は景気は圧迫される可能性があるものの、春以降は回復が鮮明になってくるとの見方も多い。

 また、きょうはトランプ大統領の発言も株式市場をサポートしたようだ。大統領は「米大統領選で各州の選挙人がバイデン氏勝利に投票した場合、ホワイトハウスを去る」と述べた。各州で選出された選挙人は12月14日に正式な投票を行う。市場からは権力移転が進むとの期待に繋がっているようだ。

 米追加経済対策への期待も株式市場を支えている。ただ、これについては、バイデン氏が1月20日に大統領に就任した後になるとの見方も強まっている状況。

 ダウ平均は上昇して取引が始まったものの、エネルギーや銀行に戻り売りが強まり、一時マイナスに転じる場面も見られた。ただ、IT・ハイテク株が相場をサポートし小幅高で終えている。

 一方、ナスダックは上昇し、終値ベースでの最高値を更新した。

アルファベット(C) 1793.19(+21.76 +1.23%)
フェイスブック 277.81(+2.22 +0.81%)
ネットフリックス 491.36(+6.36 +1.31%)
テスラ 585.76(+11.76 +2.05%)
アマゾン 3195.34(+10.27 +0.32%)
エヌビディア 530.45(+1.06 +0.20%)
ツイッター 46.59(+0.16 +0.34%)

ダウ採用銘柄
J&J 144.00(+0.32 +0.22%)
P&G 138.61(-0.07 -0.05%)
ダウ・インク 55.40(-0.33 -0.57%)
ボーイング 216.50(-1.11 -0.51%) 
キャタピラー  175.08(+0.45 +0.25%) 
ハネウェル  209.41(+1.73 +0.83%) 
ビザ 211.00(+0.11 +0.05%) 
ナイキ 134.25(-1.29 -0.96%)
ウォルグリーン 39.00(-0.08 -0.21%) 
3M 176.89(-0.23 -0.13%) 
セールスフォース  247.63(+0.81 +0.31%) 
シェブロン 91.31(-0.83 -0.87%) 
コカコーラ 52.70(-0.23 -0.43%) 
ディズニー 147.13(-1.96 -1.29%) 
マクドナルド 218.33(-1.01 -0.46%) 
ウォルマート 151.60(-0.23 -0.15%)
ホームデポ 275.99(+2.03 +0.74%)
JPモルガン 121.22(-0.81 -0.66%)
トラベラーズ  134.44(-1.58 -1.16%)
ゴールドマン  235.40(-1.14 -0.48%)
アメックス 120.59(+0.01 +0.01%) 
ユナイテッドヘルス 337.94(+4.75 +1.41%)
IBM 124.35(+0.15 +0.12%)
アップル  116.59(+0.56 +0.49%)
ベライゾン 60.58(+0.17 +0.28%)
マイクロソフト  215.23(+1.36 +0.64%)
インテル 47.45(+0.40 +0.85%)
アムジェン 224.80(+4.54 +2.06%)
メルク 79.86(-0.20 -0.25%)
シスコシステムズ 42.70(+0.20 +0.47%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標