ポンドドルは下値模索 ポンドには2つの重要な重石=NY為替

為替 

 ポンドドルは下値模索が続いており、きょうは一時1.2160ドル付近まで下落する場面も見られた。香港問題が再燃しており、市場は米中対立への懸念を強めている。米株も戻り売りが続く中で、リスク回避からのドル買いでポンドドルも売りに押されているようだ。

 ポンドは上値の重い展開が続いており、21日線を下回る水準での値動きが続いている。フィボナッチ38.2%戻しの水準が1.2175ドル付近に来ている。週初に一旦割り込んだものの、買い戻しが入り水準を維持している。ただ今回、完全にブレイクするようであれば、同50%戻しの1.2025ドルが視野に入りそうだ。

 ポンドについては2つの重要な重石がある。1つは英中銀で、6月に追加の量的緩和(QE)が予想されている。英中銀も否定していない。また、6月の可能性は低いかもしれないが、マイナス金利の採用も視野にあるようだ。ベスリー英中銀総裁は今週の議会証言で否定はしていなかった。

 もう1つはEUとの貿易交渉。6月末でEU離脱の移行期間延長の締め切りが迫っている。最終期限である12月まで延長するものと思われるが、それまで何らかの進展が期待されている。しかし、協議は難航しているようで、場合によっては、「合意なき離脱」のキーワードが再浮上しそうな情勢だ。

GBP/USD 1.2181 GBP/JPY 130.98 EUR/GBP 0.8942

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

DMM FX 21

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 12
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
DMM FX のアプリ詳細

トレイダーズ証券 21

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 10
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
トレイダーズ証券 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標