一部関税延期で利回り上昇 2-10年債の利回り格差が逆イールド寸前まで縮小=NY債券概況

米国債利回り(NY時間16:36)
2年債   1.669(+0.085)
10年債  1.702(+0.056)
30年債  2.164(+0.032)
期待インフレ率  1.627(+0.020)
※期待インフレ率は10年債で算出

 きょうのNY債券市場で利回りは上昇。朝方発表になった米消費者物価指数(CPI)が予想を上回ったほか、トランプ政権が中国からの輸入品に賦課する予定の10%の追加関税について、一部製品に限り発動を12月15日まで延期すると発表したことで懸念が緩んだ。

 10年債は一時1.71%まで上昇し、政策金利に敏感な2年債は一時1.67%まで上昇した。

 2-10年債のイールドカーブのフラット化が加速し、逆イールド寸前まで利回り格差が縮小した。米利下げ期待が一旦緩んだのか、2年債など政策金利に敏感な短期ゾーンの利回りが長期ゾーン以上に上昇し、ベアフラット化の動きが見られた。将来の景気後退を示唆したものかは未知数。

 2-10年債の利回り格差は3(前日6)までフラット化が進んでいる。

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 22
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 18
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

トレイダーズ証券 21

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 22
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 10
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
トレイダーズ証券 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標