リッチモンド連銀総裁 金利に関して辛抱強くいるのは理に適う

 バーキン・リッチモンド連銀総裁の発言が伝わっており、「金利に関して辛抱強くいるのは理に適い、上げ下げの強い説得力がない」と述べた。

・経済は健全だが、企業の信頼感は脆弱。
・金利に関して辛抱強くいるのは理にかなう。
・企業は価格決定力が不足。貿易問題を懸念。
・目標以下のインフレは一時的要因の可能性。
・金利の上げ下げの強い説得力がない。

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標