セントルイス連銀総裁 ターミナルレートは5-7%の下限に到達する必要

要人発言 

・ターミナルレート(最終着地点)は5-7%の下限に到達する必要。
・FOMCがより積極的になるリスクを市場は過小評価。
・目標は2023年をディスインフレの年にすること。
・FRBは制限的領域へさらに踏み込む必要。
・FRBは23年から24年にかけて金利を高く維持する可能性。
・労働市場の強さはディスインフレ追求にライセンスを与える。
・第4四半期の米GDPはプラスを予想。
・2023年はトレンドを下回ると見ている。
・景気後退は避けられないと考える。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 67
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外為どっとコム 27

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 70
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 22
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2022年7月30日(土)午前3時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。(スプレッド調査日2022年7月15日)

外為どっとコム のアプリ詳細

外貨ex byGMO 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 77
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標