コールズが上昇 物言う株主が身売りもしくはeコマース事業の分割を提案=米国株個別

株式 

 百貨店のコールズ<KSS>が上昇。物言う株主として知られる投資会社エンジン・キャピタルが同社に対して、身売りもしくはeコマース事業の分割を提案したことが明らかとなった。エンジン・キャピタルは同社株を約1%保有する。

 「長期に渡るオペレーショナル・エクセレンスと戦略的代替策を通して、同社の経営陣が価値を創造できなかったことを考慮すると、市場が現在の形での同社を評価していないという事実を取締役会が受け入れる時が来た」と述べた。

 また、「身売りの場合、同社の市場価値は少なく見積もっても、EBITDA見通しの5.5倍の価値があると考えている。それは保守的に見積もっても1株約75ドルが想定され、直近株価よりも約50%高い水準になる」とも語った。

※オペレーショナル・エクセレンス
 業務改善プロセスが現場に定着することによってオペレーションが向上し、競争上優位になっている状態

(NY時間09:53)
コールズ<KSS> 51.14(+2.69 +5.55%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC