東京株式(前引け)=急反発、NYダウやS&P500の最高値受けリスク選好

株式 

 26日前引けの日経平均株価は前営業日比500円16銭高の2万9100円57銭と急反発。前場の東証1部の売買高概算は6億177万株、売買代金概算は1兆2897億円。値上がり銘柄数は1788、対して値下がり銘柄数は294、変わらずは101銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、前日の米国株市場で主要株指数が揃って上昇し、NYダウとS&P500指数がいずれも過去最高値を更新したことなどを受け、リスク選好ムードが強まった。主力株をはじめ業種を問わず広範囲に買い戻される展開に。日経平均の上げ幅は一時550円に迫る場面があり、前引け時点でも500円強の上昇をみせ2万9000円大台を回復している。売買代金上位の銘柄はほぼ全面高の様相となり、東証1部の値上がり銘柄数は全体の8割以上に及んだ。

 個別では売買代金トップの日本郵政<6178>が大きく水準を切り上げたほか、ソフトバンクグループ<9984>も堅調、ソニーグループ<6758>も買いを集めた。東京エレクトロン<8035>など半導体製造装置関連も高い。東京機械製作所<6335>が大幅高となったほか、ジェイリース<7187>も値を飛ばした。半面、ベイカレント・コンサルティング<6532>が売られ、キヤノン<7751>、ニコン<7731>なども軟調、ピー・シー・エー<9629>は急落した。エスケイジャパン<7608>の下げも目立った。

出所:MINKABU PRESS

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

マネーパートナーズFX 57

ドル円 0.0 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.4 銭(原則固定・例外あり)

みんなのFX 48

ドル円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.5 銭(原則固定・例外あり)

SBIFXトレード 42

ドル円 0.1〜7.8 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.28〜15.8 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.79 銭(原則固定・例外あり)

※スプレッド調査日:1月20日
外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2022年2月5日午前3時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。

FX口座 スプレッド比較

LIGHTFX 47

ドル円 7
豪ドル円 1
トルコリラ円 25

みんなのFX 45

ドル円 7
豪ドル円 1
トルコリラ円 25

GMOクリック証券 44

ドル円 7
豪ドル円 2
トルコリラ円 26
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標