アジア株 総じて上昇、上海株は急反発

株式 

東京時間18:02現在
香港ハンセン指数   26235.80(+274.77 +1.06%)
中国上海総合指数  3464.29(+66.93 +1.97%)
台湾加権指数     17503.28(+255.87 +1.48%)
韓国総合株価指数  3223.04(+20.72 +0.65%)
豪ASX200指数    7491.45(+98.83 +1.34%)
インドSENSEX30種  52957.95(+371.11 +0.71%)

 2日のアジア株は総じて上昇。米国株価指数先物の時間外取引での上昇などを受けて、買いが広がった。上海株は急反発。7月31日に発表された中国7月製造業PMIや今日発表された中国7月財新製造業PMIが予想を下回ったことなどが嫌気されて売りが先行したものの、売り一巡後は押し目買いの動きなどから上昇に転じた。当局による景気対策への期待感なども背景にあるもよう。
   
 上海総合指数は急反発。航空機部品メーカーの中国航発動力。酒造会社の貴州茅臺酒、医療製品メーカーの無錫薬明康徳新薬開発(ウーシー・アップテック)、ウエハメーカーの三安光電、自動車メーカーの上海汽車集団、調味料メーカーの佛山市海天調味食品が買われた。
   
 香港ハンセン指数は反発。インターネット・インフラ事業のアリババ・グループ・ホールディング、電気自動車(EV)メーカーのBYD(比亜迪)、通信電話サービスの中国移動(チャイナ・モバイル)、医薬品メーカーの薬明生物技術(ウーシー・バイオロジクス)が買われた。
   
 豪ASX200指数は反発。決済サービス会社のアフターペイ、データセンターのネクストディーシー、銀行大手のナショナル・オーストラリア銀行、保険会社のQBEインシュアランス・グループ、医薬品メーカーのCSL、医療機器メーカーのレスメドが買われた。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

みんなのFX 41

ドル円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.5 銭(原則固定・例外あり)

マネーパートナーズ(PFX/nano) 41

ドル円 0.0 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.5 銭(原則固定・例外あり)

外為どっとコム 37

ドル円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.6 銭(原則固定・例外あり)

※スプレッド調査日:7月27日
外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2021年9月4日午前3時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。

FX口座 スプレッド比較

トライオートFX 38

ドル円 9
豪ドル円 1
トルコリラ円 50

GMOクリック証券 37

ドル円 5
豪ドル円 1
トルコリラ円 45

外貨ex byGMO 33

ドル円 5
豪ドル円 1
トルコリラ円 44
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC