NY時間に伝わった発言・ニュース

要人発言 

NY時間に伝わった発言・ニュース

※経済指標

【インド】
実質GDP(2020年第4四半期)21:00
結果 0.4%
予想 0.6% 前回 -7.3%(-7.5%から修正)(前年比)

【ブラジル】
雇用統計(12月)21:00
結果 13.9%
予想 14.0% 前回 14.1%(失業率)

【南アフリカ】
貿易収支(1月)21:00
結果 118.0億ランド
予想 210.0億ランド 前回 331.0億ランド(320.0億ランドから修正)

【カナダ】
鉱工業製品価格(1月)22:30
結果 2.0%
予想 1.9% 前回 1.5%(鉱工業製品価格・前月比)
結果 5.7%
予想 N/A 前回 3.5%(原材料価格指数・前月比)

【米国】
個人所得・支出(1月)22:30
結果 10.0%
予想 9.5% 前回 0.6%(個人所得)
結果 2.4%
予想 2.5% 前回 -0.4%(-0.2%から修正)(個人支出)

PCEデフレータ(1月)22:30
結果 1.5%
予想 1.4% 前回 1.3%(PCEデフレータ・前年比)
結果 0.3%
予想 0.1% 前回 0.3%(PCEコアデフレータ・前月比)
結果 1.5%
予想 1.4% 前回 1.4%(1.5%から修正)(PCEコアデフレータ・前年比)

卸売在庫(速報値)(1月)22:30
結果 1.3%
予想 0.4% 前回 0.5%(0.3%から修正)(前月比)

シカゴ購買部協会景気指数(2月)23:45
結果 59.5
予想 61.0 前回 63.8

ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値(2月)27日0:00
結果 76.8
予想 76.5 前回 76.2

※発言・イベント

【ユーロ圏】
*レーンECBチーフエコノミスト
われわれがイールドカーブ・コントロールに関与しないのは明らか。
さらなるショックあればECBには間違いなく対応手段ある。
インフレ期待とリスクプレミアム上昇は良いニュース。
3月会合で経済予測を下方修正すると言うのは時期尚早。
市場の楽観が経済よりも先行すれば問題がある。

*シュナーベルECB理事
イールド動向が成長を害するならば、ECBは追加措置講じること必要に。
ECBは依然として利下げを行う幾分かの余地がある。
利下げ深掘りのプラス・マイナス両面の検討必要。

【英国】
*ホールデン英中銀委員
英国のインフレ圧力は抑制されている。
政治家によるより積極的な行動が必要。
英国ではインフレ上昇が継続すること見込まれる。
英国のインフレ上昇は予想を上回る見込み。
英中銀がインフレに慣れてしまうリスクある。


*ラムズデン英中銀副総裁
利回りの上昇は経済にとって明るいニュース

【米国】
*米情報機関報告書 
サウジ皇太子がカショギ氏殺害承認を示唆

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC