反落、中国の新型コロナウイルスの再流行を警戒=NY原油概況

商品 

NY原油先物2月限(WTI)(終値)
1バレル=52.36(-1.21 -2.26%)

 ニューヨーク原油の期近は反落。終値の前営業日比(速報値)は、期近2限月が前日比1.21~1.20ドル安。その他の限月は1.17ドル安~0.05ドル高。

 世界最大の原油輸入国である中国で新型コロナウイルスの流行が再び強まる兆候があることが重しとなった。中国では4都市が封鎖され、2800万人の行動が制限されていることから、需要の下振れ懸念が高まっている。バイデン次期政権が第1弾の景気対策案であるレスキュープランを発表し、想定の範囲内の内容だったことは利益確定の売りを誘った。

 時間外取引で2月限は重く、通常取引開始後は下げ幅を拡大。一時51.83ドルまで下落した。

MINKABU PRESS

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

セントラル短資FX 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 0
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 16
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
セントラル短資FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標