ティファニーが好調な決算を発表 中国やeコマース販売が好調=米国株個別

株式 

 ティファニーが8-10月期決算(第3四半期)を発表しており、既存店売上高がプラスに転じたほか、1株利益、売上高とも予想を上回った。中国での販売が前年比で70%伸びたほか、既存店売上高は2倍となった。eコマース販売も全世界で92%の伸びを示し、全市場で好調だった。

 第4四半期については、売上高は1桁台半ばの減収を見込んでいるほか、1株利益については1桁台後半の伸びを見込んでいる。同社は来年の1-3月期にLVMHとの合併を予定しており、ティファニーとしては今回の決算が最後となるが、具体的な合併日付がまだ確定していないため、第4四半期の見通しにはLVMHとの合併費用は含まれていないという。

 株価はLVMHによる買収価格が131.50ドルと決まっていることから、特に大きな反応はなく、前日付近での推移となっている。

(8-10月・第3四半期)
・既存店売上高:1%
  米国:-14%
  APAC:+36%
  日本:-5%
  欧州:-9%
・1株利益(調整後):1.11ドル(予想:0.63ドル)
・売上高:10.1億ドル(予想:9.7億ドル)
・粗利益率(調整後):63.8%(予想:61.7%)

(NY時間09:45)
ティファニー 131.51(+0.03 +0.02%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 0
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

セントラル短資FX 24

ドル円スプレッド 0.1銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ -5
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 16
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
セントラル短資FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標