3月米雇用統計は想定以上の悪化も、ドル円小幅安にとどまる=NY為替

為替 

3月米雇用統計は想定以上の悪化も、ドル円小幅安にとどまる=NY為替

 注目の3月米雇用統計が発表された。非農業部門雇用者数は70.1万人減と事前予想中央値10万人減から予想以上の減少幅となった。失業率は4.4%と前回の3.5%から大幅に悪化した。事前予想は3.8%だった。注目すべきは労働参加率。62.7%と前回の63.4%から大幅に低下している。一方、平均時給は前月比+0.4%と前回の+0.3%から上昇。前年比でも+3.1%と前回の+3.0%から上昇した。

 結果の割には為替市場の反応は限定的。ドル円は一時108.25近辺と、発表前からは20銭程度の下げにとどまっている。ユーロドルは一時1.08台に乗せたが、すぐに売りに押し戻されている。米10年債利回りの低下は、0.57%台までと比較的小幅にとどまった。米株先物は総じて売られており、3指数ともマイナス圏に。

USD/JPY 108.46 EUR/USD 1.0787 EUR/JPY 117.01

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標