アジア株 総じて上昇、米中進展期待などから

株式 

東京時間18:09現在
香港ハンセン指数   26498.37(+281.33 +1.07%)
中国上海総合指数  2912.01(+12.55 +0.43%)
台湾加権指数     11609.64(+14.99 +0.13%)
韓国総合株価指数  2081.85(+21.11 +1.02%)
豪ASX200指数    6707.02(+24.06 +0.36%)
インドSENSEX30種  40398.76(-380.83 -0.93%)

 6日のアジア株は、総じて上昇。米中協議の進展への期待感などは根強く、米国株価指数先物が時間外取引で上昇していることなどが支援材料となり、アジア株はおおむね買い優勢で推移した。

 上海総合指数は続伸。酒造会社の貴州茅臺酒、医薬品メーカーの江蘇恒瑞医薬(ジャンスー・ハンルイ・メディシン)、調味料メーカーの佛山市海天調味食品、太陽光エネルギー関連メーカーの隆基緑能科技、通信会社のチャイナ・ユナイテッド・ネットワーク・コミュニケーションズが買われた。
   
 香港ハンセン指数は大幅続伸。光学機器メーカーの舜宇光学科技(サニー・オプティカル・テクノロジー)、食品加工サービスの万洲国際(WHグループ)、電子部品メーカーの瑞声科技(AACテクノロジーズ・ホールディングス)、繊維メーカーの申洲国際集団控股、菓子メーカーのワンワン・ホールディングスが買われた。
   
 豪ASX200指数は小幅続伸。医薬品メーカーのCSL、医療診断サービスのソニック・ヘルスケア、データセンターのネクストディーシーが買われる一方で、建設資材メーカーのボーラル、金属・鉱業会社のサウス32が売られた。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標