23日の日経平均株価は小幅上昇。 この先の動きはどうなる??=フェアトレード田村祐一

達人の予想 

反発局面は引き続き継続か!?

8月23日の日経平均株価は、82円90銭高の2万710円91銭で終了しました。

8月22日のNWダウが、
前日比49ドル高と小幅に上昇したことを受け

8月23日の日経平均株価は小幅な上昇となりました。

23日の値動きの予想を「小幅高になる」、
と予想していましたが、その通りの動きとなりました。



さて、8月26日(月)の日経平均株価はどう動くのでしょうか?

私は、【小幅高になる】と予想します。


日経平均株価は、8月に入ってからの大幅に下落が徐々に落ち着いてきており、
徐々に戻りの展開となっています。

23日の日経平均株価は小幅な上昇となっていますが、
引き続き上昇が期待できるでしょう。

現在の終値は、依然として
25日移動平均線と比較して大きく下に乖離している状態が続いており、
割安な水準といえます。

引き続き大きな反発する期待が持てるでしょう。

落ち着きを取り戻してきたものの
NWダウ市場の不安定さなど、さまざまな悪材料が背景にはあることから、

過度にリスクをとることは危険であると判断であり、
ポジションは控えめにしておくことに徹しておきましょう。



週明けの日経平均株価の値動きの予想については、
以上の点を総合的に考慮して、「小幅高になる」と判断しました。

田村祐一

田村祐一|フェアトレード(株)所属

フェアトレード(株)所属。統計データを重視したシステムトレードとファンダメンタルを組み合わせて銘柄分析を行う。株価を大きく動かすイベントに合わせて銘柄を売買する「イベント投資」にも注力。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標