GMOクリック証券の取引ツールはっちゅう君FXプラスご紹介

ページ更新日:

はっちゅう君FXプラスのスクリーンショット

GMOクリック証券 FXネオの取引ツール画像
テクニカルの種類
8
チャート同時表示数
6
チャート画面で発注
時間指定成行
×
決済同時発注
独立ウィンドウ表示
使用料
無料
Mac対応
×
はっちゅう君FXプラス、プラチナチャートプラスがトレードの武器となります!プロも満足の多機能かつ高性能な取引ツール。

はっちゅう君FXプラスの注文チャートは使いやすく優秀。スピード発注の画面はコンパクトに必要な発注機能が詰まっており使い勝手も良し。プラチナチャートプラスは描写ツールの種類も豊富。チャート以外にもプライスボードやニュースも掲載されており、指数や商品の値動きも見れるのが非常に便利!自社開発力の強みが存分に発揮され、ハイスペックで使い勝手も良く高評価を得ている。

4つのPC版ツール それぞれの特徴

このページでは、GMOクリック証券のFX取引のPC版を紹介します。

PC版には主に4つのツールがあります。

注文 チャート 対応機種 主な特徴
はっちゅう君FXプラス Windows8.1と10
(Mac不可)
短期トレードに特化した性能
WEBブラウザ取引
FXネオ
× すべて ニュースと経済指標の細かい絞り込み
プラチナチャートプラス × すべて 幅広いテクニカル指標と描画オブジェクト
FXツールバー × × Windows
(インターネットエクスプローラーのみ)
ブラウザ上でいつでも見られる為替レート

それぞれに特徴があり、初心者から上級者まで使いこなすことができるのが魅力です。

それでは、4つのPC版ツールを一つずつ紹介していきます。

はっちゅう君FXプラス

はっちゅう君FXプラスはデスクトップ専用のアプリです。

スピーディな注文や操作が可能であり、主に短期的なトレードをする方に向いています。

テクニカル指標 描写機能 チャート表示数 決済同時注文
機能一覧 8種類 なし 最大6画面
GMOはっちゅう君トップ

豊富な情報満載のレート一覧

レート一覧ではGMOクリック証券が取り扱っている全2通貨ペアの為替レートに加え、変動値や前日比の表示があります。

さらに、買スワップと売スワップ、証拠金まで表示されているので、知りたい情報を一気に確認できます。

GMOレート一覧

レート一覧から新規注文できる

レート一覧の為替レートをクリックすると注文画面が表示されます。

注文タイプは成行注文からOCO、IFD注文まで行えます。

事前に、通貨ペアごとに注文単位や逆指値までのpipsを設定しておくことで、スムーズに注文を行うことができます。

GMOレート一覧から注文

レート一覧から1クリックでチャートを表示!

レート一覧の各通貨ペアの「Tick」表示をクリックすると指定した通貨ペアのチャートが表示されます。

レート一覧から1クリックでチャート表示ができ、この方法で表示すれば、チャート表示後の通貨ペアを変更する手間が省けるので便利です。

GMOレート一覧からチャート表示

スムーズなスピード注文

はっちゅう君FXプラスのスピード注文はシンプルでスムーズな注文を行うことができます。

  • ・取引数量を設定できる
  • ・両建注文、決済同時発注ができる
  • ・評価損益が分かる

為替レートが急変動した時にスピード注文画面を目の前に表示しておけば、利益獲得のチャンスを逃しにくくなります。

スキャルピングやデイトレードをする短期トレーダーにおすすめです。

GMOスピード注文

チャート上で注文可能

はっちゅう君FXプラスでは、独立タブのスピード注文画面を常に前面に表示できるので、チャートを見ながらトレードできます。

スピード注文を使用する方のほとんどは、スキャルピングやデイトレードをする短期トレーダーの方が多いでしょう。

GMOチャートを見ながらトレード

短期トレーダーにとって、チャートで値動きを見ながらトレードできる機能は必須なので、便利でしょう。

チャート上で右クリックで「スピード注文」を選択して表示可能です。

チャート上から注文画面を設定

チャート上から成行注文や指値注文、逆指値注文を発注する画面を呼び出すことが可能です。

チャート上で右クリックをして注文の種類を選択でき、簡単に切り替えられるので、ストレスフリーでスムーズな取引が可能です。

GMO注文画面の設定

    【チャート上に表示できる発注画面の種類】

  • ・スピード注文
  • ・成行注文
  • ・指値注文
  • ・逆指値注文

チャートは最大6画面表示

はっちゅう君FXプラスのチャートは独立タブで表示されます。

そのため、複数のチャートを表示する際はそれぞれのチャート画面を自分好みの大きさに調節することが可能です。

なお、チャート上に表示されたロウソク足、またはラインは遡って確認することができません。

比較的に短期で分析を行う方にとっては問題はありませんが、長期的に見て分析を行う人にとっては不便に感じるかもしれません。

長期の分析でトレードを行いたい方は、プラチナチャートプラスとの併用がおすすめです。

GMOチャート画面

足の種類は短期トレード仕様

チャート内の足種はTickを含む9種がありますが、日足、週足、月足はありません。

これは、はっちゅう君FXプラスが短期トレード仕様だからです。

なお、日足、週足、月足のチャートはプラチナチャートプラスで使用できます。

プラチナチャートプラスについて詳しく

厳選されたテクニカル指標

はっちゅう君FXプラスのテクニカル指標の種類は最小限となっています。

テクニカル指標の種類:
トレンド系4種
オシレーター系4種
表示制限:
トレンド系最大4種
オシレーター系最大3種
GMOテクニカル指標

充実した特殊注文方法

通常の注文方法に加えて、特殊な注文方法で発注を行うことができます。

また、はっちゅう君FXプラスの注文は、通貨ペアごとに数量や指値の幅など細かい設定が可能です。

最初に決めておくことで、取引がスムーズに行えます。

3種類の決済同時注文

通常の注文設定時に指値、逆指値、OCOの3種類の決済同時注文を行えます。

為替レート急変動による想定外の損失に備えて、しっかり設定しておきたいですね。

GMO3種類の決済同時

他社では見られないLIFO注文

スピード注文の設定画面では※「FIFO」と「LIFO」の2種類から決済順序を選択できます。

FIFO決済は他社でも見ることのあるメジャーな決済方法です。「First in First out」の略で、約定日時の古い建玉から決済する方法になっています。

一方、LIFO注文は他社ではあまり見受けられず、GMOクリック証券の特徴の1つです。

「LIFO」とは「Last in First out」の略で、約定日時の新しい建玉から決済する方法です。

約定日時の新しい建玉からの決済はなかなか慣れない方法ですね。

GMOLIFO注文

例えば、相場が上昇しているときに、安値で買っている古いポジションは残しておきたい場合に使用すると便利です。

最大注文数量が通常の約5倍取引が可能な上級者向けのEXモード

FX取引を何度も積み重ねて、短期トレードで余裕資金を存分に使える方におすすめの「EXモード」という注文設定があります。

「EXモード」は1度に出せる最大注文数量を、従来の5倍である500万通貨まで引き上げられます。さらに、約定スピードも従来の6倍の速さで取引が可能です。

Exモードではスプレッドが通常モードより広くなりますので、大口注文を約定させたい時以外は通常モードで取引しましょう。

GMOEXモード

WEBブラウザ取引 FXネオ

PC版 FXネオは、2016年に新しくリニューアルされて現在のような取引画面に生まれ変わりました。

レートやニュース、損益状況などが1画面にコンパクトにまとめられて、初心者の方でも簡単に扱いやすいのが特徴です。

Google ChromeやMicrosoft Edgeなどのブラウザがあればインストールの手間なくすぐに利用できますので、「はっちゅう君FXプラス」をパソコンにインストールしたくない方や、「はっちゅう君FXプラス」をインストールできないMacユーザーの方はこのツールを使いましょう。

GMOFXネオ画面

スマホ版 FXネオとの違い

機能 チャート ニュースの絞り込み 決済同時注文 EXモード FIFO・LIFO機能
PC版 ×
スマホ版 ×

スマホ版取引アプリも「FXネオ」という名前ですが、PC版とスマホ版のFXネオには機能に違いがあります。

GMOクリック証券の特徴のある「決済同時注文」、「EXモード」、「FIFO・LIFO」機能は、両者とも備わっていますが、PC版FXネオにはチャートがありません。

そのため、PC版FXネオで取引する際は、ブラウザ上で起動できるチャートツール「プラチナチャートプラス」と併用して取引するのがおすすめです。

多彩な注文パターン

「WEBブラウザ取引 FXネオ」でも、先に紹介した「はっちゅう君FXプラス」と同じ多彩な注文パターンを兼ね揃えています。詳細は「はっちゅう君FXプラス」の注文について説明した章をご覧ください。

カテゴリごとに細かく表示できるFXニュース

PC版 FXネオでは、通貨別、カテゴリ別に最新情報を閲覧できる「FXニュース」があります。

GMOFXニュース

通貨別の欄には、ドル全般や円全般のように細かく選択できます。

【選択できるカテゴリ】
・相場見通し
・市況速報
・経済指標
・要人発言 etc...

世界全体の膨大な情報量を自分仕様に設定して閲覧できるのは、とても便利な機能です。

また、ホーム画面でも経済カレンダーを閲覧できますが、ページ下部の左側に掲載されており、見えにくいという印象です。

GMOホーム画面からも見れるFXニュース

プラチナチャートプラス

GMOプラチナチャートプラス

プラチナチャートプラスはWEB(ブラウザ)取引画面から起動して使用するツールとなっています。

多くのテクニカル指標と描画オブジェクトをはじめとする、多彩な機能を持っているのが特徴です。

分析に特化したツールであるため、注文機能はありません。非常に高度な分析もできるため、上級者向けの取引支援ソフトになっています。

テクニカル指標 描写機能 チャート表示数 比較チャート
機能一覧 38種類 25種類 最大16画面 通貨ペア/指数等

豊富なテクニカル指標を駆使しよう

プラチナチャートプラスのテクニカル指標は他社にも引けを取らないほど、多くの種類を兼ね備えています。

  • テクニカル指標の種類:トレンド系20種、オシレーター系18種
  • 表示制限:トレンド系は最大14種、オシレーター系は最大3種

さらにGMOクリック証券では、豊富にあるテクニカル指標を一つひとつ説明付きで紹介しています。

テクニカル指標の説明

なお、足種は1分足から年足まで17種類表示できます。

さらに、1996年まで遡ることができるので、長期的な分析が可能です。

GMOプラチナチャートプラステクニカル

多彩な描画オブジェクトで高度な分析

描画オブジェクトは25種類もあります。

フィボナッチ系や五角形チャートなど多種類の機能を使って細かい分析ができるので、上級者でも満足できるのではないでしょうか。

GMOプラチナチャートプラス描画オブジェクト

また、プラチナチャートプラスでは複数のチャートを同時に表示できます。

チャートを複数表示できるので、豊富な描画オブジェクトを使用して多種類のチャート分析を試みることができます。

GMOプラチナチャートプラス複数チャート

比較チャートで細かく分析しよう

比較チャートの機能では、最大4つまでの通貨ペアを比較することが可能です。

さらに、通貨ペアにとどまらず、日経平均やTOPIX、NYダウの株価指数、WTI原油と金の商品先物の価格、日本とアメリカの債券利回りも比較対象として表示できます。

GMOプラチナチャートプラス比較チャート

最大16画面チャートにもできる画面分割機能

プラチナチャートプラスの初期設定の画面では、下記の4つが1つずつ表示されます。

  • ・プライスボード
  • ・チャート
  • ・ニュース
  • ・経済カレンダー

この中で、チャートだけは新規チャートとして複数表示が可能です。

画面は最大16個呼び出すことができるので、プライスボードやニュースのタブを閉じれば、チャートだけで16画面表示することも可能です。

チャートを追加したい場合には、左上の「ウィンドウ操作」内の「新規チャート追加」をクリックすると、新たにチャートを表示できます。

GMOプラチナチャートプラス16画面

チャート上からニュースを閲覧

プラチナチャートプラスのニュース機能の良い点は、チャート上のニュースフラグをクリックすると、値動きに影響を与えたニュースを見られるところです。

チャートを確認しながら、気になった値動きの場面でニュースを確認できるのはとても使いやすいです。

GMOプラチナチャートニュース

FXツールバー/ブラウザのツールバー

FXツールバーは、Windowsのインターネットエクスプローラーや、Firefoxに常に表示して使うツールです。

普段から上記のブラウザを使用している方は、ネットサーフィン中いつでも値動きを把握できるので表示設定をしておくと便利です。

GMOFXツールバー

レートは為替だけでなく、日経225やダウ30の株価指数、金や原油の商品先物のレートも確認できます。さらに、経済指標やニュースも閲覧できます。

GMOクリック証券 取引ツール機能一覧

注文の種類

成行 指値 逆指値 IFD OCO IFO 決済同時発注

スリッページ設定:○

チャート詳細

時間足の種類 Tick、1分、3分、5分、10分、15分、20分、30分、1時間、2時間、4時間、6時間、8時間、12時間、日足、週足、月足、年足
テクニカルの種類 8 単純移動平均線、指数平滑移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表転換線MACD、RSI、RCI、ストキャスティクス
チャート同時表示数 6
チャートにCFD銘柄表示
チャート画面で発注
チャートに指値表示
多通貨比較チャート
チャートタイプの種類 12 ローソク足(通常・変形)、バーチャート(4本値・高安終)、ライン、ローソクボリューム、エクイボリューム、P&F、カギ足、練行く足、新値足、逆ウォッチ曲線、
描画ツールの種類 25 トレンドライン フィボナッチ・リトレースメント など...
描画線が足切替後に残る ×

その他 取引ツール機能詳細

独立ウィンドウ表示
ウィンドウ整列 ×
レートパネルにスプレッド表示
カラーテーマ変更
フォントサイズ変更 ×
レートアラート
経済指標アラート ×
チャートツール プラチナチャート+
ガジェット系サブツール

FXツールバー

為替・指数・商品のリアルタイムレートが口座開設者でなくても確認できる。また経済カレンダー、ニュース(ニュースは口座開設者のみ)も表示される


Top