【新興国通貨】先週末の中南米通貨はまちまち=東京為替

為替 

【新興国通貨】先週末の中南米通貨はまちまち=東京為替

 先週末の中南米市場は、米株の大幅高などを受けたリスク選好の動きに株が買われる場面が見られ、ペソなどが堅調地合いとなったものの、ブラジルレアルなどは売りが目立っており、まちまち。レアルは、6月前半の物価統計での物価高が進んだことが嫌気された形。
 メキシコペソはリスク選好の動きに買いが目立ち、ドルペソは東京市場の1ドル=20.09ペソぜんごから19.85ペソ割れまで。メキシコ自体に目立った材料はないが、ここに来て中南米各国で左派系政党の躍進が目立っていることが、ロペスオブラドール政権にはプラスとの論評も。
 ペソ円ア東京市場での1ペソ=6円71銭前後から6円81銭台まで。

M<XNJPY 6.797

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 34
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 62
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 41
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2022年7月30日(土)午前3時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。(スプレッド調査日2022年7月15日)

外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC