ギャップが決算受け時間外で12%下落=米国株個別

株式 

 ギャップ<GPS>が引け後に2-4月期決算(第1四半期)を発表しており、既存店売上高が予想以上の減収となったほか、1株損益も予想以上の赤字となった。売上高は予想範囲内。ガイダンスも公表しており、営業利益率を大幅に下方修正したうえで、1株利益の見通しも大幅に下方修正した。

 今回の決算は営業上の不手際とコスト増が同社を苦しめていることを示した。バナナリパブリックは好調だったものの、オールドネイビー、ギャップ、アスレタが不調だった。

 同社のシンガルCEOは声明で、「コスト増と中国でのロックダウンが利益を圧迫した。旗艦ブランドであるオールドネイビーは、サイズと品揃えのアンバランスと納品遅れに悩まされた」と述べた。同社は先月にオールドネイビーのCEOの退任を発表していた。

 株価は時間外で12%下落。 

(2-4月・第1四半期)
・既存店売上高:-14.0%(予想:-9.9%)
  オールドネイビー:-22%(予想:-16.8%)
  ギャップグローバル:-11%(予想:-3.2%)
  バナナリパブリック:+27%(予想:+11.8%)
  アスレタ:-7%(予想:+10%)
・1株損益(調整後):-0.44ドル(予想:-0.14ドル)
・売上高:34.8億ドル(予想:34.6億ドル)
・粗利益率(調整後):31.5%(予想:35.3%)

(通期見通し)
・1株利益(調整後):0.30~0.60ドル(従来:1.85~2.05ドル)(予想:1.32ドル)
・売上高:1桁台前半~半ば
・営業利益率:1.8~2.8%(従来:6.3~6.8%)(予想:4.6%)

(NY時間17:00)時間外
ギャップ<GPS> 9.77(-1.35 -12.14%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標