豪中銀声明 概要 利上げの条件までにはしばらく時間がかかる

要人発言 

少なくとも2022年中旬まで週40億ドルの買い入れを維持
豪経済デルタによる後退から回復。ワクチン接種率の上昇と政策支援が支え。
家計消費は力強く回復、企業投資の見通しは改善。
オミクロン株は新たな不確実性も、回復を妨げることは期待されていない。
豪経済は2022年前半にデルタ前の道に復すると見込まれる。
主要指標は労働市場の力強い回復を示す
インフレ率は上昇も基本的にはまだ低い。
中心的なシナリオでは基調インフレ率は2023年に2.5%に達する。
住宅価格は上昇も、ここ数か月で上昇が緩和。
完全雇用の復帰と目標に一致する物価水準を達成するために、非常に支援的な金融条件を維持する。
持続的に2-3%のインフレターゲットに収まるまで政策金利を引き上げない。
この目標には労働市場が現在よりも大幅に高い賃金の伸びを生む必要。これにはしばらく時間がかかる。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標