ヴァージン・ギャラクティックが大幅安 「ユニティ23」のテスト飛行が遅延=米国株個別

株式 

 宇宙旅行のヴァージン・ギャラクティック<SPCE>が大幅安。前日引け後に予定していた「VMSイヴ」と「VSSユニティ」の拡張プログラムを開始し、この作業が完了した後に「ユニティ23」のテスト飛行を実施すると発表した。

 拡張プログラムは「VMSイヴ」と「VSSユニティ」の機体性能と飛行速度機能の改善となっている。予想よりも約1カ月遅れで開始されており、商用サービスは2022年第4四半期の開始を予定。今回のスケジュール更新は、発表されたサプライヤーコンポーネントの潜在的欠陥に関するものとは関係がないとしている。

(NY時間10:26)
ヴァージン・ギャラクティック<SPCE> 20.99(-3.08 -12.78%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標