ダウ平均は小動き 中国が仮想通貨取引の禁止を示唆=米国株前半

株式 

NY株式24日(NY時間12:43)
ダウ平均   34773.60(+8.78 +0.03%)
ナスダック   15031.89(-20.35 -0.14%)
CME日経平均先物 30050(大証終比:-100 -0.33%)

 きょうのNY株式市場でダウ平均は前日終値を挟んで小幅な値動きに終始している。今週は波乱の1週間となったが、中国の恒大集団の問題がひとまず一服し、市場は落ち着いている。中国政府が介入していることもあり、恒大集団の問題が世界市場全体に波及しないとみているようだ。

 ただ、恒大集団がきのう期限が到来したドル建て債券の利払いを本当に実施するかどうかを見守っている。30日間の支払い猶予が設定されていることから、これまでのところ同社は沈黙を保っている。

 そのような中で、市場は改めてFOMC結果を見直している面もあるようだ。市場では、11月の資産購入ペース縮小開始、来年第2四半期までに終了、そして、来年末には利上げ開始とのシナリオを描きつつある。利上げ開始は来年9月との見方も出ている。予想よりは若干タカ派な雰囲気ではあったが、直ちに資産購入ペース縮小開始のシナリオを示さなかったことは、株式市場に安心感をもたらしている模様。

 きょうは仮想通貨関連株の下げが目立っている。中国人民銀行が、仮想通貨に関係する全ての取引は違法であり、禁止しなければならないとの見解を示したことが嫌気されている。この発表によりビットコインも下落。

 個別にナイキ<NKE>が下落しておりダウ平均を圧迫。前日引け後に6-8月期決算(第1四半期)を発表し、1株利益は予想を上回ったものの、売上高は予想を下回った。北米での販売が予想に届かなかった。ベトナムなどアジアでの都市封鎖によるサプライチェーン問題で、強い需要に対応できなかったとしている。

 エネルギーや銀行、産業株が上昇。一方、IT・ハイテクや医薬品が軟調。IT・ハイテクは中国の仮想通貨禁止を示唆したことが一部影響している模様。ナスダックはマイナス圏での取引が続いている。

コインベース<COIN> 233.73(-3.77 -1.59%)
マラソン・デジタル<MARA> 36.19(-1.51 -4.01%)
ライオット<RIOT> 28.46(-0.93 -3.16%)
マイクロストラテジー<MSTR> 597.25(-19.32 -3.13%)

アルファベット(C)<GOOG> 2847.85(+11.32 +0.40%)
フェイスブック<FB> 351.85(+5.89 +1.70%)
ネットフリックス<NFLX> 587.35(-5.91 -1.00%)
テスラ<TSLA> 764.86(+11.22 +1.49%)
アマゾン<AMZN> 3411.00(-5.00 -0.15%)
エヌビディア<NVDA> 221.05(-3.77 -1.68%)
AMD<AMD> 105.76(-0.39 -0.37%)
ツイッター<TWTR> 66.99(+0.30 +0.44%)

ダウ採用銘柄
ユナイテッドヘルス<UNH> 405.95(-2.08 -0.51%)
メルク<MRK> 73.74(+0.69 +0.94%)
マクドナルド<MCD> 245.87(+1.09 +0.45%) 
マイクロソフト<MSFT>  298.39(-1.17 -0.39%)
ホームデポ<HD> 337.46(+1.55 +0.46%)
ボーイング<BA> 221.65(+0.55 +0.25%) 
ベライゾン<VZ> 54.33(-0.10 -0.17%)
ビザ<V> 231.13(+2.82 +1.24%) 
ハネウェル<HON>  219.92(+0.22 +0.10%) 
ナイキ<NKE> 149.91(-9.68 -6.06%)
トラベラーズ<TRV>  156.39(+0.37 +0.24%)
ディズニー<DIS> 175.72(-0.53 -0.30%) 
ダウ・インク<DOW> 57.00(-0.43 -0.75%)
セールスフォース<CRM>  284.23(+6.37 +2.29%)
シスコシステムズ<CSCO> 56.66(-0.03 -0.05%)
シェブロン<CVX> 100.57(+0.51 +0.50%) 
コカ・コーラ<KO> 53.96(-0.08 -0.15%) 
ゴールドマン<GS>  391.88(+0.02 +0.01%)
キャタピラー<CAT>  197.01(+0.39 +0.20%) 
ウォルマート<WMT> 143.04(+0.27 +0.19%)
ウォルグリーン<WBA> 48.34(-0.12 -0.25%) 
インテル<INTC> 54.25(+0.22 +0.40%)
アメックス<AXP> 175.01(+1.65 +0.95%) 
アムジェン<AMGN> 213.40(-1.65 -0.77%)
アップル<AAPL>  146.55(-0.28 -0.19%)
P&G<PG> 143.44(-0.75 -0.52%)
JPモルガン<JPM> 163.15(+1.97 +1.22%)
J&J<JNJ> 164.10(-0.77 -0.46%)
IBM<IBM> 137.45(+0.72 +0.53%)
3M<MMM> 181.11(-0.42 -0.23%) 

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 27

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2021年2月27日(土)午前1時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「16時〜25時の間」となりますのでご注意ください。

外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC