ペルー通貨は急反発、35歳の女性財務大臣誕生で政治的混乱が緩和に向かうとの見方

為替 

17日のペルー金融市場で、通貨ソルは対ドルで1.7%高と史上最安値をつけた前日から急反発、7カ月ぶりとなる大幅上昇を記録した。1ドル=3.6015ソル。S&P/BVLペルー総合株価指数も続伸した。ペルーではこの1週間で3人の大統領が選出するなど政治的混乱が続いていた。ビスカラ大統領の罷免に対する抗議デモで死者も出たもよう。今月16日に、世界銀行の元職員のサガスティ氏が新大統領に選出され、同氏はマリア・アントニエタ・アルバ氏を辞任後わずか1週間で財務大臣として復帰するよう要請したと報じられている。35歳の女性財務大臣が誕生したことで、若者からの支持を得る可能性があるとの見方から、政治的混乱が緩和されるとの期待感が高まっているもよう。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標