ツイッターに失望売り mDAUが100万人しか増えず=米国株個別

株式 

 ツイッターが大幅安。7-9月期決算(第3四半期)を発表しており、1株利益が予想を大きく上回ったほか、売上高も予想を上回った。広告収入も予想を上回り好調な決算ではあったものの、収益化可能な1日当たりアクティブユーザー数(mDAU)が1.87億人と100万人しか増えず、予想(1.95億人)を大きく下回ったことが失望売りにつながっている。

 市場はスポーツ中継の再開や米大統領選キャンペーンに伴い利用者が大きく増加するとの期待感を高めていたが、期待外れとなってしまった格好。

 10-12月(第4四半期)の見通しは示さなかったが、米大統領選を巡る不確実性がリスクになり得るとの認識を示した。「広告主の行動パターンがどう変化するか予測が難しい。」と説明した。

(7-9月・第3四半期)
・1株利益(調整後):0.19ドル(予想:0.05ドル)
・売上高:9.36億ドル(予想:7.80億ドル)
  広告収入:8.08億ドル(予想:6.66億ドル)
・収益化可能1日アクティブユーザー数(mDAU):1.87億人(予想:1.95億人)
・EBITDA(調整後):2.94億ドル(予想:1.63億ドル)

(NY時間14:23)
ツイッター 41.67(-10.76 -20.52%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標