麻生財務相 為替安定が極めて重要、緊張感をもって動向を注視

要人発言 

麻生財務相は、為替相場について、安定が極めて重要であり、引き続き緊張感をもって動向を注視すると述べた。
為替相場ではドル売り・円買いが進んでおり、ドル円は一時104.20円と3月以来の安値をつけた。ドル円の下落を嫌気して日経平均も400円超下げ、2万2000円台を割り込んで前場の取引を終了した。

東京時間11:30現在
日経平均  21920.98(-418.25 -1.87%)

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC