今夜の注目材料は=外為どっとコム総研 神田卓也

今夜の注目材料は

東京市場のドル/円は、実需のドル買い観測などを支えに108.00円台まで強含みましたが、日経平均株価が軟調に推移する中で上値は重い様子です。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

7/16(火)
16:00 ビルロワ仏中銀総裁、講演
16:00 トルコ4月失業率
17:30 英6月雇用統計
17:30☆英3-5月失業率(ILO方式)
17:30☆英3-5月週平均賃金
18:00 ユーロ圏5月貿易収支
18:00☆独7月ZEW景況感指数
18:00 ユーロ圏7月ZEW景況感指数
21:00 カーニーBOE総裁、講演
21:15 ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演
21:15 ボウマンFRB理事、講演
21:30 カナダ5月証券投資
21:30 米6月輸入物価指数
21:30☆米6月小売売上高
22:15☆米6月鉱工業生産指数
22:15 米6月設備稼働率
23:00 米7月NAHB住宅市場指数
23:00 米5月企業在庫
25:20 カプラン米ダラス連銀総裁、講演
26:00☆パウエルFRB議長、講演
28:30 エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演
29:00 米5月証券投資動向

※☆は特に注目の材料

今夜は米6月小売売上高の結果に注目です。7月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)の利下げは確定的な状況ですが、米経済の7割を占める個人消費が弱いという事になれば利下げ幅が25bp(0.25%)ではなく50bp(0.5%)になるとの見方が強まる可能性があります。

その他、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演も予定されています。ただ、これは仏中銀主催の夕食会でのスピーチとあって、先日の議会証言ほどには注目されていない模様です。

神田卓也

神田卓也|株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役調査部長

株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 証券株式会社を経て、1991年㈱メイタン・トラディション入社。インターバンク市場にて、為替・資金・デリバティブ等の取引業務を担当し、国際金融市場に対する造詣を深める。2009年同社入社。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 27
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 25
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

トレイダーズ証券 21

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 30
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 10
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
トレイダーズ証券 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC