みんなの外為 2016年FX会社総合ランキング

FX 2016年まとめ

FX市場へ影響を与えた2016年のニュース

年初から中国市場のクラッシュやオイルマネーの株売りがリスクオフの引き金となり、ドル円は1年ぶりの安値を更新。日銀がマイナス金利を導入するというサプライズ政策を打ち出しましたが、円安は1日で終わり、その後も日銀会合の度に円高に動くということが続きました。6月末の英国の国民投票では、離脱が決定しドル円は100円割れ米国大統領選挙では、予想外にトランプ氏が当選。経済政策を好感したリスクオン相場が到来となり、史上稀に見る速いペースの円安が進むこととなりました。

2016年ドル円チャート2016年のドル/円チャート
A.日銀マイナス金利を導入
日銀は、銀行が日銀に預けている預金の一部にマイナス金利を適用しました。日米金利差拡大の思惑から、発表直後は円安が進みましたが、銀行株の収益悪化が懸念が台頭。メガバンクを中心に下落するかたちで株安が進み、円安も1日で止まりました。
B.英国のEU離脱
6月23日に、英国のEU離脱の是非を問う国民投票が行われました。事前予想に反しEU離脱派が勝利。英国の経済不安が高まり、英ポンドは2000ポイント以上も暴落。ドル円は100円割れとなりました。しかし、数時間後にはポンド円は10円近く反発しました。
C.アメリカ大統領選挙
事前予想に反しトランプ氏が当選し、ドル円は4円の下落。しかし、同氏の経済政策が好感されると、世界中の投資資金が米国に集中。急速にドル高が進み、当日中にドル円は高値を奪還。その後、約1ヶ月でドル円は安値から17円の上昇となりました。

2017年のFX市場はどうなる?

トランプ相場の始りは、アベノミクス相場の初期と似ているというコメントを多く目にします。日本発の相場よりも『米国発』の相場の方がマーケットのインパクトが大きくなるのは間違いないでしょう。事実、米ドル円は空前のスピードで上昇し、米国株・日本株は高値を更新しました。来年の見通しについては、見通しが割れており、米大手証券会社は年末のドル円は125円になるというレポートを出しています。一方、トランプ大統領が就任すれば相場は終わり、100円割れとなるという予想もあります。いずれにせよ、大きく動くことは間違いなさそうです。まずは、トランプ大統領が誕生しハネムーン期間と呼ばれる就任後の100日で、どれだけの実現力を発揮できるのか同氏の真価が問われます。もし、まだFXを始めたことが無い人でも、歴史的な転換点を機に挑戦してみてはいかがでしょうか?FXは上昇しても下落しても利益のチャンスがありますので、思わぬお年玉となるのかもしれません!

2016年 FX会社年間ランキング

総合ランキング

 GMOクリック証券

  • 取扱商品18種類
    ドル円スプレッド0.3銭
    最少取引単位10,000通貨
    スマホ対応あり
  • 2012年より世界一の取引高を誇るFX会社!取引コストの安さと使い易い取引ツールが、個人投資家に支持されています。複数のアプリから好み・状況に応じでFX市場にアクセスでき、分析機能も充実。株式・CFDなど取扱商品も豊富。

    詳細を見る

 LIONFX

  • 便利な取引ツールで短期売買を好む個人投資家から人気。毎月のトレードバトルや食品キャンペーンに注目が集まります。

    → 詳細を見る

 YJFX!(ワイジェイFX)

  • スマホアプリが分析・発注・レポート&セミナー閲覧とすべてが完結する便利さ。デザインもオシャレで、取引が楽しくなるかも!?

    → 詳細を見る

部門別ランキング

スワップ比較

ヒロセ通商(LIONFX)
豪ドル円50円、NZドル円60円、南アフリカランド円15円、トルコ円115円と4通貨に特化して高いスワップ金利を固定で配信。

詳細を見る
2

高金利通貨以外にもドル円、ポンド円のスワップポイントに定評アリ。

詳細を見る
3

オセアニア通貨意外にも、マイナー通貨でスワップポイント獲得できます。

詳細を見る
スワップ比較をもっと見る

スプレッド比較

外為どっとコム
毎年スプレッドを縮小し、取引高キャンペーンを利用すれば、米ドル円のスプレッドは0.2銭、豪ドル円は0.6銭、ポンド1.0銭円に!

詳細を見る
同率1

主要通貨はほぼ業界最狭水準!指標前後のスプレッドの安定感に定評。

詳細を見る
3

取引高&食品キャンペーンで実質スプレッドが安い!約定力も最速水準!

詳細を見る
スプレッド比較をもっと見る

スマホ向け取引ツール

YJFX!(ワイジェイFX)
25万ダウンロードが人気の証。操作性・分析・発注スピード・分析の豊富さなどトレーダー納得の機能が搭載。シストレ、バイナリ―にも対応

詳細を見る
2

チャートを見ながらの発注が便利!iPhoneではフィボナッチ機能もアリ

詳細を見る
3

豊富な情報レポート・ニュースがスマホでも閲覧。プッシュ通知にも対応。

詳細を見る
スマホ比較をもっと見る

取引ツール比較

GMOクリック証券
万能取引ツール、チャート・発注アプリ、ブラウザ用、記録用アプリなど自社開発力の強みが存分に発揮されたツールが多数。

詳細を見る
2

毎月ユーザーの意見を取引ツールに反映される開発スピードが評価!

詳細を見る
3

スピーディーな取引を可能にする複数の注文アプリで一段先のトレードへ

詳細を見る
取引ツール比較をもっと見る

情報比較(ニュース・セミナー)

外為どっとコム
毎日リリースされる5種類以上のレポートに識者の動画開設、イベントごとのセミナーなど欲しい情報がきっと手に入る。

詳細を見る
2

毎週、識者によるレポートや個人投資家の週間レポートを配信

詳細を見る
3

毎日朝・夕の小林氏によるマーケットコメントが人気!

詳細を見る
情報比較をもっと見る

取扱商品比較

GMOクリック証券
取引できる通貨ペアはマイナー通貨まで含めた18種類。FX以外にも、株式、先物・オプション取引、CFD、バイナリ―オプションなど多数

詳細を見る
2

登録したトレーダーの売買で自動取引してくれるトレードコレクター

詳細を見る
3

取引できる通貨がとにかく多く、50種類もの通貨ペアを採用。

詳細を見る
取扱商品比較をもっと見る

株式の取引も気になる方は

2016年の日経平均は史上初となる年初から6営業日連続の値下がりからスタートし、FX同様にマイナス金利やアメリカ大統領選挙の影響も大きく受けました。そんな株式市場への投資にも興味があるかたは、ネット証券会社を11部門それぞれで比較したランキングをぜひご参考にされてはいかがでしょう?2016年 ネット証券会社の年間ランキング

※本調査については、2016年12月13日時点のものになります。

※本ランキングは実際の取引画面などの調査から個人投資家へのアンケートなど多面的な調査・アンケートに基づいておりますが、必ずしもサービスの内容を保証するものではございません。