寄り高の高原状態

週末の米国株の上昇を受けて、今週は上昇で始まりました。
朝方、9時直後に本日高値21,612円をつけて、当然の打ち返しで短期的な利益確定で21,500円まで沈みました。これが10時15分前後です。
だいたいこの10時から10時半には本日朝の売買が一巡するので、課題はここからだったわけですが、その後順調に相場は戻し、朝の高値近辺まで戻ってからは、ほとんど値動きがなく、30-40円値幅で大引けまで推移。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC