良好な外部環境を好感 23500-23800のレンジ◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

●20日のNY株式市場はダウは大幅高で3日続伸。1月26日につけた過去最高値を8カ月ぶりに更新。米中貿易摩擦に対する過度の警戒感が後退し、この日も買いが先行。朝方発表の週間の新規失業保険申請件数は予想外に良好な内容で、1969年11月以来およ49年ぶりの低水準を記録。フィラデルフィア連銀が発表した9月の製造業景況指数も予想を上回る大幅な上昇となるなど、良好な経済指標も追い風。ダウは大幅高で3日続伸。約8カ月ぶりに過去最高値を更新。S&P500種指数も8月29日につけた過去最高値を更新。

□ダウ工業株    26656.98(+251.22)+0.95%
□ナスダック     8028.23(+ 78.19)+0.98%
□S&P500    2930.75(+ 22.80)+0.78%

●本日の日経平均は良好な外部環境を好感と読む。CME日経平均先物の終値は2万3680円で、昨日の東京市場の日経平均終値2万3674円とほぼ同水準。本日早朝の大阪取引所の日経平均先物(夜間取引)終値は2万3690円。

●日経平均株価と上下の節目
───────────

 2万4129円 年初来高値(1月23日)
 2万3680円 CME日経平均先物
●2万3674円 昨日終値
 2万3481円 窓下限(9月18日高値)
 2万3336円 5日線

●騰落レシオ(25日) 115.19%(前日比6.03%上昇)

●一部外人投資家は24,000円で最大利益が出る10月限のオプションを組成しており目先は強含むと思われる。

●新規上場
 ────
 イーエムネットジャパン公開価格3000円

●今週の主な予定 

21日(金)
日本消費者物価指数(8月)
独・ユーロ圏製造業PMI速報値(9月)

※予定は変更することがあります

出所: みんなの株式

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

本日の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC