広告を非表示にする
ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

NY時間に伝わった発言・ニュース

一般 

※経済指標
【米国】
製造業PMI(確報値)(2月)23:45
結果 52.2
予想 51.5 前回 51.5

ISM製造業景気指数(2月)00:00
結果 47.8
予想 49.4 前回 49.1

ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値)(2月)00:00
結果 76.9
予想 79.6 前回 79.6

建設支出(1月)00:00
結果 -0.2%
予想 0.2% 前回 0.9%(前月比)

※発言・ニュース
*バーキン・リッチモンド連銀総裁
・われわれは物価高の終盤にある。
・物価高は一部セクターの値下げで相殺されつつある。
・財のセクターでは順調に値下がりしている。
・1月のインフレデータはあまり細かく見ない方が良い。
・インフレは下がって来ている。
・前年比のインフレは下がりそうだ。
・FRBは市場と闘おうとはしていない。

*ウォラーFRB理事
・量的引締め(QT)のペース決定は金利とは無関係。
・FRBは短期国債の比率を高めたい。
・MBSの保有がゼロになることを望む。

*FRB、金融政策報告書を議会に提出
 パウエルFRB議長の議会証言を来週に控え、FRBは半期に1度の金融政策報告書を本日議会に提出した。インフレについては顕著に鈍化したが、依然として目標の2%を上回っており、労働市場も比較的タイトなままだが、労働需要は緩和しているとしている。また、銀行システムは健全で弾力性があり、昨年の銀行破綻による深刻なストレスは後退したものの、いくつかのリスク領域は依然として監視されるべきであると述べた。

*ボスティック・アトランタ連銀総裁
・FRBのスタッフは政策の有効性について議論。
・インフレの進展に感謝するが、仕事は終わっていない。
・インフレが正常に戻りつつある証拠をもっと見たい。
・再び利上げをする必要はない。

*クーグラーFRB理事
・ディスインフレの進展は続くと楽観視
・労働市場の大幅な悪化は望まない。
・インフレ期待の固定が賃金スパイラルの回避に貢献。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

関連タグ

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます