広告を非表示にする
ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

AMDは決算受け時間外で4%下落 PC市場の減速からの立ち直りに苦慮=米国株個別

株式 

 AMD<AMD>が引け後に1-3月期決算(第1四半期)を発表し、1株利益は予想を上回ったものの、売上高は予想範囲内となった。ゲーム用チップは好調だったものの、データセンターは予想を下回った。ガイダンスも公表し、第2四半期の売上高見通しは予想を下回っている。深刻なPC市場の減速からの立ち直りに苦慮していることが示された。

 同社のもう1つの課題は、大手クラウドプロバイダーが人工知能(AI)のワークロード用機器の購入に力を入れているが、同社はこの分野ではまだ、存在感を示し始めたばかり。

 同社はライバルのインテル<INTC>と同様に、年後半に良い時期が訪れると見ている。フーCFOは声明で「PCとサーバー市場が力を取り戻し、当社の新製品が立ち上がるにつれて、年後半の成長に自信を持ち続けている」と述べた。

 同社株は時間外で4%下落。

(1-3月・第1四半期)
・1株利益(調整後):0.60ドル(予想:0.57ドル)
・売上高:53.5億ドル(予想:53.1億ドル)
  データセンター:13.0億ドル(予想:14.6億ドル)
  ゲーミング:17.6億ドル(予想:15.3億ドル)
  クライアント:7.39億ドル(予想:9.08億ドル)
  エンベデッド:15.6億ドル(予想:14.2億ドル)
・粗利益率(調整後):50.0%(予想:50.1%)
・営業利益率(調整後):21.0%(予想:19.5%)
・FCF:3.28億ドル(予想:12.6億ドル)

(4-6月・第2四半期見通し)
・売上高:50~56億ドル(予想:55.1億ドル)
・粗利益率(調整後):約50.0%(予想:50.4%)

(NY時間16:59)時間外
AMD<AMD> 86.00(-3.69 -4.11%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 149
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外為どっとコム 27

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 114
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 23
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外為どっとコム のアプリ詳細

ヒロセ通商 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 123.7
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
ヒロセ通商 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます