アジア株 総じて上昇、香港株は大幅続伸

株式 

東京時間18:04現在
香港ハンセン指数   19900.87(+450.64 +2.32%)
中国上海総合指数  3206.95(+9.60 +0.30%)
台湾加権指数     14705.43(+152.39 +1.05%)
韓国総合株価指数  2389.04(+17.96 +0.76%)
豪ASX200指数    7213.18(+37.63 +0.52%)
インドSENSEX30種  61922.82(-647.86 -1.04%)

 9日のアジア株は総じて上昇。前日の米株高に加えて、中国の新型コロナウイルス規制の緩和や景気刺激策への期待感などが買いにつながった。香港株は大幅続伸。不動産関連株の上昇が目立った。
   
 上海総合指数は小反発。酒造会社の貴州茅臺酒、建設機械メーカーの三一重工、不動産会社の保利置業集団、金属採掘会社の紫金鉱業集団(ズージン・マイニング・グループ)、セメントメーカーの安徽海螺水泥(コンチセメント)が買われる一方で、通信会社のチャイナ・ユナイテッド・ネットワーク・コミュニケーションズ保険大手の中国人寿保険が売られた。
   
 香港ハンセン指数は大幅続伸。不動産開発会社の龍湖集団(ロンフォー・グループ)、不動産開発会社の華潤置地(チャイナ・リソーシズランド)、繊維メーカーの申洲国際集団控股、光学機器メーカーの舜宇光学科技(サニー・オプティカル・テクノロジー)、インターネット検索サイト会社の百度(バイドゥ)が買われた。
   
 豪ASX200指数は反発。資源・鉱山会社のBHPグループ、鉱物探査会社のフォーテスキュー・メタルス・グループ、医薬品メーカーのCSL、鉄道貨物会社のオーリゾン・ホールディングスが買われる一方で、投資銀行のマッコーリー・グループ、道路建設会社のトランスアーバン・グループが売られた。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標