AMDが第3四半期の暫定決算を公表 時間外で株価下落=米国株個別

株式 

 AMD<AMD>が引け後に7-9月期(第3四半期)の暫定決算を公表しており、売上高が約56億ドルと予想(67.1億ドル)を下回ったほか、粗利益率も50%と予想(54%)を下回る見通しを示した。

 同社は声明で、「PC市場の低迷によるプロセッサの出荷減少およびサプライチェーン全体での大幅な在庫調整により、クライアント分野の売上高が予想を下回った」と発表。

 また、「粗利益率が予想を下回ったのは、主にクライアント・プロセッサーの出荷数の減少および平均販売価格下落による売上高の減少が響いた」とも述べた。

 第3四半期の業績には、主にグラフィックス及びクライアントビジネスにおける在庫、価格及び関連する引当金として約1.6億ドルが計上される見込み。

 一方、「データセンターやエンベデッド、ゲーム分野の業績には満足している」と述べた。

 時間外で株価は下落。

(NY時間16:47)時間外
AMD<AMD> 65.55(-2.30 -3.39%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標