IBMが決算受け時間外で下落 FCFの見通し下方修正=米国株個別

株式 

 IBM<IBM>が引け後に4-6月期決算(第2四半期)を発表し、1株営業利益、売上高とも予想を上回った。顧客企業のIT投資への予算縮小が懸念される中、メインフレームコンピューターやコンサルティング、クラウドサービスに対する需要が堅調であることが示された。

 ガイダンスも公表しており、通期の売上高見通しは従来と変わらずの1桁台半ばの上限の伸びを見込んでいる一方、フリーキャッシュフロー(FCF)は100億ドルに下方修正した。

 株価は発表直後は時間外で上昇したものの、FCFの下方修正を嫌気して下げに転じている。

 FCFの下方修正についてカバノーCFOは、「より広範な事業の減速というよりも、ドル高とロシア事業の損失によるものだ」と述べた。需要は引き続き堅調だとしている。

(4-6月・第2四半期)
・1株営業利益(調整後):2.31ドル(予想:2.29ドル)
・売上高:155.4億ドル(予想:151.6億ドル)
  コンサルティング:48.1億ドル(予想:46.4億ドル)
  ソフトウエア:61.7億ドル(予想:63.0億ドル)
  インフラ:42.4億ドル(予想:37.6億ドル)
  ファイナンス:1.46億ドル(予想:1.85億ドル)
・粗利益率(調整後):54.5%(予想:56.5%)
・FCF:20.9億ドル

(通期見通し)
・売上高:1桁台半ばの上限の伸び
・FCF:100億ドル(従来:100~105億ドル)

(NY時間16:51)時間外
IBM<IBM> 133.48(-4.65 -3.37%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 34
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 62
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 41
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2022年7月30日(土)午前3時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。(スプレッド調査日2022年7月15日)

外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC