週明けのアジアの新興国通貨は堅調、さえない米雇用統計で=東京為替

為替 

 週明けの為替市場で、アジアの新興国通貨は堅調に推移。クロス円では円安・新興国通貨高となっており、インドネシアルピア円は0.7610円台、マレーシアリンギット円は26.50円台まで上昇。新型コロナウイルスの感染拡大のニュースが相次いでいるインドルピーも選好されており、ルピー円は1.1485円台まで強含んでいる。さえない米雇用情勢を受け、緩和的な金融政策が継続するとの見方が広がっていることが背景。

IDRJPY 0.7613、MYRJPY 26.5204、INRJPY 1.4851

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標