米国のハッカー攻撃めぐる公聴会、4社が自社の対応を擁護

一般 

 ロイターでは、米政府機関などがロシア系とみられるハッカーの攻撃を受けた問題をめぐり、ソフトウエア会社のソーラーウィンズやマイクロソフトなど米4社のトップは23日、上院情報特別委員会の公聴会で自社の対応を擁護したと伝えている。

 昨年12月に判明した大規模ハッカー攻撃では、ソーラーウィンズとマイクロソフトのプログラムが利用され、9つの連邦政府機関や約100社の米企業が標的となった。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標