ダウ平均は下げ渋るもマイナス圏での推移=米国株後半

株式 

NY株式15日(NY時間15:51)
ダウ平均   30834.04(-157.48 -0.51%)
ナスダック   13005.46(-107.18 -0.82%)
CME日経平均先物 28395(大証終比:-65 -0.23%)

 NY時間の終盤に入ってダウ平均は下げ渋っているものの、マイナス圏での推移が続いている。きょうのNY株式市場でダウ平均は続落。前日にバイデン次期大統領が追加経済対策案を公表したが、大規模な対策を打ち出してくることは市場もすでに織り込んでおり、3連休を控えた米株式市場は利益確定売りが優勢となっている。朝方発表の小売売上高が予想外の減少だったことも株式市場を圧迫している。

 バイデン次期大統領の追加経済対策の規模は1.9兆ドルで、失業給付の上乗せを週400ドルに増額し、期間を9月まで延長するほか、直接給付は現行の600ドルから2000ドルまで増額したい意向。また、3500億ドルの州、地方政府への支援や、ワクチン接種などの新型ウイルス対策への4150億ドル、中小企業への支援4400億ドルも盛り込まれている。最低賃金についても、時給15ドルへの倍増を議会に求める方針。

 市場からは、野心的で包括的な内容ではあるが、議会の審議を経て成立させられるのかとの疑問の声も出ており、審議の過程で規模は小さくなるのではとの見方も出ているようだ。また、規模が大きい分、増税への懸念にも繋がっている。

 きょうはJPモルガンやシティグループの決算が発表されていた。パンデミックによる債務不履行へのリスクに応じて、前四半期までは貸倒引当金を積み増していたが、先行きへの不透明感が改善したとの理由で、貸倒引当金の戻入れを実施している。一方、トレーディング収益は好調だったものの予想範囲内もしくは、予想を下回る内容との印象。このところの銀行株は買い戻しが強まっていたが、ききょうは米国債利回りが低下していることもあり、全体的に軟調な反応を見せている。

 ダウ平均の下げ幅は一時378ドル安まで下落する場面がみられたが、景気の先行き期待も根強く、売りが一巡すると押し目買いもみられ、下げ渋る動きも出ている。

 ダウ採用銘柄ではダウ・インクやシェブロンが下落しているほか、ゴールドマン、JPモルガンも軟調。インテルも反落しているほか、ボーイング、ウォルマートが売られた。一方、ホームデポ、アムジェン、メルクが上昇。

 ナスダックも下落。IT株には買い戻しも散見されるものの、前日上昇していた半導体などハイテク株は売られている。今年はIT・ハイテク株から景気循環株へ物色の矛先がシフトするのではとの指摘もある中で、IT・ハイテク株には利益確定売りも出ているようだ。

 3Dシステムズが反落。複数のアナリストが投資判断を「売り」に引き下げた。

 ゲノム解析機器のバイオナノ・ジェノミクスが本日も大幅高。ナスダックはきのう、上場維持に向けた最低入札価格要件への準拠を取り戻したことを同社に通知した。

 エクソンモービルが下落。米証券取引委員会(SEC)が、同社がパーミアン盆地の資産を過大評価したのではとの疑惑で調査していると伝わった。

 医療用大麻を手掛けるカナダのアフリアが上昇。前日の決算を受けてアナリストが目標株価を従来の7ドルから15ドルに引き上げた。

3Dシステムズ 28.64(-3.37 -10.51%)
バイオナノ 8.32(+1.37 +19.71%)
ティルレイ 19.80(+1.24 +6.68%)
アフリア 12.42(+0.31 +2.56%)
エクソンモービル 47.77(-2.55 -5.06%)

アルファベット(C) 1740.64(+0.46 +0.03%)
フェイスブック 251.83(+6.19 +2.52%)
ネットフリックス 498.23(-2.63 -0.53%)
テスラ 825.44(-19.57 -2.32%)
アマゾン 3103.89(-23.58 -0.75%)
エヌビディア 515.10(-12.91 -2.45%)
ツイッター 45.13(-0.67 -1.45%)

ダウ採用銘柄
ユナイテッドヘルス 351.84(+1.31 +0.37%)
メルク 83.37(+1.20 +1.46%)
マクドナルド 209.88(+1.38 +0.66%) 
マイクロソフト  213.08(+0.06 +0.03%)
ホームデポ 275.77(+7.43 +2.77%)
ボーイング 204.92(-4.99 -2.38%) 
ベライゾン 57.40(+0.36 +0.63%)
ビザ 201.36(-0.50 -0.25%) 
ハネウェル  206.10(-2.51 -1.20%) 
ナイキ 140.52(-0.78 -0.55%)
トラベラーズ  143.33(+1.01 +0.71%)
ディズニー 171.16(-2.27 -1.31%) 
ダウ・インク 57.26(-2.39 -4.01%)
セールスフォース  213.85(-1.76 -0.81%) 
シスコシステムズ 45.53(+0.38 +0.83%)
シェブロン 91.83(-3.66 -3.83%) 
コカ・コーラ 48.65(-0.59 -1.19%) 
ゴールドマン  300.84(-7.04 -2.29%)
キャタピラー  194.80(-2.60 -1.32%) 
ウォルマート 144.51(-2.46 -1.67%)
ウォルグリーン 48.94(-0.42 -0.85%) 
インテル 57.68(-1.57 -2.65%)
アメックス 122.15(-1.63 -1.32%) 
アムジェン 245.99(+4.17 +1.72%)
アップル  127.32(-1.59 -1.23%)
P&G 135.01(-0.79 -0.58%)
JPモルガン 138.91(-2.26 -1.60%)
J&J 160.34(-0.31 -0.19%)
IBM 128.30(-0.67 -0.52%)
3M 165.60(-0.81 -0.49%) 

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

セントラル短資FX 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 0
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 16
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
セントラル短資FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標