振幅目立つ展開、雇用統計を前に

見通し 

振幅目立つ展開、雇用統計を前に

英MPC後一時ポンド買いも続かず

【東京市場】値幅限定的

昨日ユーロドルが一時1.19台を回復するなど、ドル全面安基調が進む中で、ドル円も105円32銭を付ける動きが見られた。もっとも、米株高の動きからクロス円での円売りが出たこともあり、ドル円はその後105円台半ばを回復して東京朝を迎えた。
 東京市場では105円60銭からが重く、東京勢の本格参加後いったん強まったドル安トライに105円46銭まで。ただ、昨日の安値を試すだけの勢いがなく、すぐに105円50銭台に値を戻すと、その後は105円50銭台を中心とした狭いレンジでもみ合いに。

 昨日1.19台を付けた後、1.1850台まで調整が入ったユーロドルは1.18台後半での推移が続いた。朝のドル安トライでは1.1886まで上昇も、1.19を再び試す勢いはなく、その後は1.1870を挟んでのレンジ取引に。

【ロンドン市場】ポンド振幅

 
 英中銀金融政策会合(MPC)は事前見通し通りの現状維持を決定。
ただ、市場はその投票結果に注目。全会一致での現状維持で追加緩和主張が出なかったことを意識した。
またベイリー総裁が会見でマイナス金利導入を否定したこともあり、
ポンドは買いが入る展開に。
もっとも上昇後は反落も。

 ユーロはポンドにいったんつれ高で一時1.19台も、
その後はすぐに値を落とした。
ユーロポンドでのユーロ売りなども頭を抑えた。
ドル円は105円70銭近辺まで上昇の場面も、上値からは売り。

【NY市場】ユーロ売りから反発

 ユーロドルは一時1.1810台。ロンドン朝の1.19台からの調整が続いた。
しかし、トランプ大統領が給与税減税と立ち退き猶予で大統領令を発令と発言したことなどを受けて
反発が入る展開となり、1.1890台まで。

 ドル円はもみ合い、一時105円30銭近辺まで調整も、その後105円台半ばに。

【本日の見通し】雇用統計待ち

 今晩の雇用統計待ち。
ADP雇用者数がかなり弱く出たこともあり、警戒感が出ている。
予想を超える好結果となったISM製造業及び非製造業景気指数にしても
雇用部門の数字は弱めに出ており、警戒感が広がる格好に。
非農業部門雇用者数の予想は+150万人と前回の+480万人から伸びが鈍化する見込みも、
予想を超える鈍化となった場合、ドル売りが広がる可能性も。

 発表までは動きが出にくい展開。ドル円は105円台半ばを中心とした推移か。

【本日の戦略】雇用統計待ち

 雇用統計までは無理をせず
雇用統計後は数字次第ではドル売りを意識。
ただできれば突っ込んだ売りは避けたいところ。
ドル円は104円台への動きを意識も、できれば戻りを売りたい。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《8/6 木曜日》
   ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  105.60  1.1863  125.28
高値  105.70  1.1916  125.58
安値  105.30  1.1818  124.67
終値  105.55  1.1877  125.36
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《8/6 木曜日の主要株式指数》
前日終値 前日比
日経  22418.15 -96.70
DOW   27386.98 +185.46
S&P    3349.16 +21.39
Nasdaq  11108.07 +109.67
FTSE   6026.94 -77.78
DAX   12591.68 -68.57
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《8/6 木曜日の商品市場》
NY原油先物9月限(WTI)(終値)
1バレル=41.95(-0.24 -0.57%)
NY金先物12 月限(COMEX)(終値)
1オンス=2069.40(+20.10 +0.98%)
-+—+—+—+—+—+—+—+—+-
《8/6 木曜日に発表された主な経済指標》

【英国】
英中銀政策金利(8月)15:00
結果 0.10%
予想 0.10% 前回 0.10%

【ユーロ圏】
製造業新規受注(6月)15:00
結果 27.9%
予想 10.1% 前回 10.4%(前月比)
結果 -11.3%
予想 -18.5% 前回 -29.3%(前年比)

【インド】
インド中銀政策金利 15:30
結果 4.00%
予想 3.75% 現行 4.00%

【ブラジル】
雇用統計(6月)21:00
結果 13.3%
予想 13.2% 前回 12.9%(失業率)

【米国】
新規失業保険申請件数(07/26 – 08/01)21:30
結果 118.6万件
予想 140.0万件 前回 143.5万件(143.4万件から修正)(前週比)

+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《8/6 木曜日に発表された主なイベント・ニュースなど》
【英国】
*英中銀
政策金利を現行の0.10%に据え置き。
資産買入枠を現行の7450億ポンドに据え置き。
政策金利据え置きに9対0で賛成。
経済見通しは異常なほど不透明だ。
必要であれば、資産買入ペースを増加する用意。
資産買入れは2020年末までには完了する見込み。
見通しに対するリスクは下向き。
第2四半期GDPは第4四半期と比べて20%縮小する見込み。
GDPは2021年末までに昨年第4四半期を上回るとは予想せず。
メインシナリオ、2020年GDPは9.5%減に(5月時点予想14%減)
2021年GDPは9%増に(5月時点予想15%増)
GDP見通し、2020年9.5%減、2021年9%増、2022年には3.5%増に。
インフレ見通し、2020年は0.25%、2021年は1.75%に。
インフレが持続的に目標水準へと向かうまでは引き締めはせず。
CPIが2%目標に戻るには2年間かかるだろう。
失業が相当増加するとみている。
失業率は2020年末までに約7.5%に上昇する見込み。

*ベイリー英中銀総裁
マイナス金利は選択肢にあるが活用する計画ない。
フォワードガイダンスを活用する可能性ある。
強い経済指標について、拡大解釈には注意必要。
英中銀の予測、結論導くこと困難。
英中銀の予測、通常以上の下方バイアスを有している。
地域ごとのロックダウン、対象絞った新型コロナ対策が望ましい。
英経済の回復、進展は不均衡だ。

*ベイリー英中銀総裁
経済見通しには「恐ろしいほど多くの」下方リスク。
英経済の回復には「多くの障害」が待ち受けている
英中銀は英経済を支援することに「乗り出して」いる。
(TVインタビューで)

【米国】
*トランプ大統領
住宅の立ち退き猶予を延長すると表明。
大統領選のためにワクチン開発を急がせていない。
ツイッター、フェイスブックは不当に自身を検閲している。
ワクチンは年末前にできる可能性も。
11月3日の大統領選付近になるかもしれない。

*トランプ大統領
給与税減税と立ち退き猶予で大統領令を発令する。
大統領令には失業保険給付と学資ローンも含まれる。
金曜日か土曜日に署名する意向。

*カプラン・ダラス連銀総裁
第3、第4四半期の成長は健全との見方で変わらない。
ただ、感染が拡大していることから、回復は顕著なものにはならな
いだろう。
全員がマスクを着用すれば、封鎖なしで感染を管理できる。
公衆衛生の危機を管理するにおいて、金融政策と財政政策が唯一の
架け橋。

*バーキン・リッチモンド連銀総裁
最初の刺激策は6~8週間の封鎖を想定していた。
問題を抱える人々が更に増加している。
回復は鈍く、下振れは長引く。
米新規失業保険申請件数はさらに緩やかになると期待。
FRBはメインストリート・プログラムの条件変更にオープン。
財政刺激策は現時点で適当。
第2四半期の26%の貯蓄率は多くの余裕マネーがあることを示す。
FRBにはドルの水準目標はない。

-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《本日予定されている主な経済指標》

【日本】
景気先行指数・速報値(6月)14:00
予想 84.9 前回 78.4

景気一致指数・速報値(6月)14:00
予想 77.2 前回 73.4

【ユーロ圏】
ドイツ鉱工業生産(6月)15:00
予想 8.0% 前回 7.8%(前月比)
予想 -11.4% 前回 -19.3%(前年比)

ドイツ経常収支(6月)15:00
予想 150億ユーロ 前回 65億ユーロ

ドイツ貿易収支(6月)15:00
予想 113億ユーロ 前回 70億ユーロ(71億ユーロから修正)

【カナダ】
失業率(7月)21:30
予想 11.2% 前回 12.3%

雇用者数(7月)21:30
予想 35.00万人 前回 95.29万人

Ivey購買担当者景況感指数(7月)23:00
予想 N/A 前回 58.2

【米国】
失業率(7月)21:30
予想 10.5% 前回 11.1%

非農業部門雇用者数(7月)21:30
予想 150.0万人 前回 480.0万人

卸売在庫・確報値(6月)23:00
予想 -2.0% 前回 -2.0%(前月比)

+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–

-☆-★-☆-★-☆-★-☆-

執筆者 山岡和雅

執筆者 : 山岡和雅|MINKABU PRESS 外国為替情報担当 編集長

1992年米チェースマンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース)東京支店入行、ディーリングルームに配属され、外国為替ディーラーに。英ナショナルウェストミンスター銀行、RBS銀行などで10年以上外国為替ディーラーとして市場の最前線に。その後大手FX会社などで外国為替市場のアナリストとして個人向けの外国為替情報の配信業務に携わり、2016年3月から、みんかぶグループに参画。 (社)日本証券アナリスト協会検定会員

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

外為どっとコム 96

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

みんなのFX 84

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

LIGHTFX 80

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.9 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

みんなのFX 79

ドル円 8
豪ドル円 8
トルコリラ円 22

LIGHTFX 72

ドル円 7
豪ドル円 7
トルコリラ円 19

DMM FX 54

ドル円 7
豪ドル円 5
トルコリラ円 ---
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC