東京株式(大引け)=756円高と大幅高、「緊急事態宣言」を意識し買い戻し

株式 

 6日の東京株式市場で日経平均株価は大幅高。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた政府の「緊急事態宣言」が近いとの見方から買い戻しが流入した。

 大引けの日経平均株価は前週末比756円11銭高の1万8576円30銭。東証1部の売買高概算は16億7962万株。売買代金概算は2兆6994億1100万円となった。値上がり銘柄数は2004と全体の92%、値下がり銘柄数は141、変わらずは23銘柄だった。

 3日の米株式市場では、NYダウが前日比360ドル安と反落。米雇用統計で新規雇用者数が減少したことなどが警戒されたが、週明け6日の東京市場で日経平均株価は急伸した。市場には「早ければ7日にも緊急事態宣言が行われる」との報道が流れ、これを受け、海外投資家を中心とする売り方の買い戻しが流入したとみられている。全体相場は、ほぼ全面高で日経平均株価は1万8500円を回復した。

 個別銘柄では、ソフトバンクグループ<9984>や富士フイルムホールディングス<4901>、任天堂<7974>が高く、トヨタ自動車<7203>や日産自動車<7201>、ホンダ<7267>、SUBARU<7270>など自動車株が大幅高となった。デンカ<4061>は連日の急騰。川本産業<3604>や興研<7963>、重松製作所<7980>がストップ高となるなどマスク関連株が買われた。

 半面、オリックス<8591>やニトリホールディングス<9843>が安く、すかいらーくホールディングス<3197>が軟調。ネクステージ<3186>やワタベウェディング<4696>、ロイヤルホールディングス<8179>、三陽商会<8011>が値を下げた。

出所:MINKABU PRESS

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標