新型コロナウイルス動向にらみの展開続く

見通し 

新型コロナウイルス動向にらみの展開続く

今晩のFOMCはサプライズ見込み薄く、新型コロナウイルス関連注目の流れ続きそう

【東京市場】新型コロナウイルス警戒続く

ドル円は108円台後半から109円超えのレンジでの推移。昨日のレンジの中でのもみ合いが続く。中国政府が新型コロナウイルスの感染者が拡大し、死者が100名を超えたことを発表した際に、リスク警戒から値を落とす場面が見られたが、108円82銭までの動きにとどまっている。
 その後すぐに値を戻し109円台を回復も、高値も109円05銭まで。午後に入ると109円ちょうど前後の狭いレンジでもみ合いが続いた。

 ユーロは対ドルで8ポイントレンジ。昨日は売りがやや優勢となったが、1.10ちょうどからを売り込む勢いはなく、もみ合いに。ユーロ円はドル円同様にいったん売りが入る場面も、119円92銭まで。すぐに120円台を回復している。

 オフショア人民元が下げ一服となった。新型コロナウイルスの感染者拡大が報じられた20日以降、元安の動きが続き、昨日ドルオフショア人民元(オンショアは休場)は6.9899までドル高元安が進行。今日の高値は昨日に届かず、その後6.96台まで値を落とす格好となっている。

【ロンドン市場】若干警戒感強まる

 警戒感が広がり、ドル円は頭の重い展開
一時108円70銭台を津得k多。
香港が中国からのフライト制限や高速鉄道の停止を発表したことなどが背景に。

 上昇して始まった欧州株が上昇幅を縮めるなどの動きも

【NY市場】WHO事務局長発言で一服感

 WHOの事務局長が中国の感染拡大管理に自信と発言し
ドル高円安の動きに
過剰の警戒感がやや緩んだといったところで
週明け108円台を付けた後の戻り高値を更新する動きに。

【本日の見通し】警戒感は継続

 昨日の市場、 テドロスWHO事務局長が中国は感染拡大を管理できると発言したことなどをきっかけに
ドル買い円売りの動き。米株も上昇しており
リスク警戒の動きが一服する展開に。
もっとも状況はまだ深刻。日本国内でも中国渡航歴のない日本人の感染が見つかるなど
厳しい状況が続く中で、警戒感も継続。

 ドル円は109円台前半を中心にどちらに向くか。
香港市場が今日から再開予定(同地域内で公務員などが自宅待機など、企業活動は完全には復帰せず)と
少しずつ通常を取り戻す雰囲気になると、もう一段の買いも。
海外で死亡者が出るなどの状況が生じると雰囲気が一気に変わる可能性があるだけに
動向を注視しながらの展開に。

 今晩のFOMCはサプライズなしの見込み。
金利は据え置き、声明も大きな変化なしか。
2020年に入って地区連銀のとうっ表メンバーが変わりどういう状況になるのかは要注意。
 

【本日の戦略】方向感探る

 方向感を探る展開となっている。
ドル円は戻り売りが基本となりそう。
WHO事務局長発言でリスク警戒感やや後退も、
WHO自体の対応が今回比較的後手に回っているだけに
どこまで影響が続くか。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《1/28 火曜日》
 ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  108.90  1.1019  120.00
高値  109.20  1.1025  120.33
安値  108.76  1.0998  119.81
終値  109.15  1.1022  120.30
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《1/28 火曜日の主要株式指数》
前日終値 前日比
日経  23215.71 -127.80
DOW   28722.85 +187.05
S&P    3276.24 +32.61
Nasdaq  9269.68 +130.37
FTSE   7480.69 +68.64
DAX   13323.69 +118.92
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《1/28 火曜日の商品市場》
NY原油先物3月限(WTI)(終値)
1バレル=53.48(+0.34 +0.64%)
NY金先物4月限(COMEX)(終値)
1オンス=1575.80(-7.90 -0.50%)
–+—+—+—+—+—+—+—+—+-
《1/28 火曜日に発表された主な経済指標》

【米国】
耐久財受注(速報値)(12月)22:30
結果 2.4%
予想 0.3% 前回 -3.1%(-2.1%から修正)(前月比)
結果 -0.1%
予想 0.3% 前回 -0.4%(-0.1%から修正)(コア・前月比)

S&Pケースシラー住宅価格(20都市)(11月)23:00
結果 2.55%
予想 2.40% 前回 2.22%(2.23%から修正)(前年比)

コンファレンスボード消費者信頼感指数(1月)00:00
結果 131.6
予想 128.0 前回 128.2(126.5から修正)
+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《1/28 火曜日に発表された主なイベント・ニュースなど》

【新型コロナウイルス関連】
*中国国家衛生健康委員会
中国新型コロナウイルス感染例4515件、死者106人
湖北省で新型コロナウイルス感染例を新たに1291件確認

*日本政府、新型コロナウイルスを「指定感染症」に閣議決定

*新型コロナウイルス、ドイツで初の感染を確認

*習国家主席 
中国は新型コロナウイルスとの深刻な闘いに直面。

*香港行政長官、
中国は香港への個人旅行を停止へ。
中国からのフライトを制限、高速鉄道を停止する。

*厚生労働省
武漢への渡航歴がない日本在住の男性が新型コロナウイルスに感染。

【ユーロ圏】
*ECB
6行の資本水準がガイダンスを下回っている、是正が必要。

*エンリアECB銀行監督委員長
6行は昨年末までにガイダンス不足の資本を充填済み。

*独BDI
年内にEUが英国と包括的な自由貿易協定に至ることは不可能だ。
英政府が移行期間の延長を排除したことは大いなる間違い。
英国とEUとの貿易協定には関税や割り当てが含まれるべきではない。

*バイトマン独連銀総裁
9月の刺激策はこの範囲までは必要なかった。
ECB理事は緩和策が依然必要ということで合意。
何年かはインフレはECBの目標より低い可能性。
低金利は永続しない。

【米国】
*米7年債入札結果
最高落札利回り 1.570%(WI:1.566%)
応札倍率    2.37倍(前回2.47倍)

*トランプ大統領 
FRBは賢明になり、金利を引き下げるべき。
–+—+—+—+—+—+—+–+—+-
《本日予定されている主な経済指標》

【豪州】
消費者物価指数(第4四半期)9:30
予想 0.6% 前回 0.5%(前期比)
予想 1.7% 前回 1.7%(前年比)
予想 0.4% 前回 0.4%(刈り込み平均・前期比)
予想 1.5% 前回 1.6%(刈り込み平均・前年比)
予想 0.4% 前回 0.3%(加重平均・前期比)
予想 1.2% 前回 1.2%(加重平均・前年比)

【ユーロ圏】
ドイツGFK消費者信頼感(2月)16:00
予想 9.6 前回 9.6

【米国】
MBA住宅ローン申請指数(24日までの週)21:00
予想 N/A 前回 -1.2%(前週比)

卸売在庫・速報値(12月)22:30
予想 0.1% 前回 -0.1%(前月比)

中古住宅販売制約指数(12月)30日0:00
予想 0.5% 前回 1.2%(前月比)

FRB政策金利 20日4:00
予想 1.50-1.75% 現行 1.50-1.75%

【NZ】
貿易収支(12月)20日6:45
予想 1.00億NZドル 前回 -7.53億NZドル

-☆-★-☆-★-☆-★-☆-

執筆者 山岡和雅

執筆者 : 山岡和雅|MINKABU PRESS 外国為替情報担当 編集長

1992年米チェースマンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース)東京支店入行、ディーリングルームに配属され、外国為替ディーラーに。英ナショナルウェストミンスター銀行、RBS銀行などで10年以上外国為替ディーラーとして市場の最前線に。その後大手FX会社などで外国為替市場のアナリストとして個人向けの外国為替情報の配信業務に携わり、2016年3月から、みんかぶグループに参画。 (社)日本証券アナリスト協会検定会員

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標