株価はまだ上がる?12月9日版

達人の予想 

銘柄毎にばらつき

12月6日(金)の日経平均は23354円と54円高で引けました。

11月5日以降1カ月間23000円台で推移しています。

12月9日(月)の動きはどうでしょうか?

ニューヨークダウは337ドル高で再度28000ドル台、日経平均先物も23530円と上昇しています。

12月9日月曜日も、引き続き、保有銘柄による格差が広がっていく局面と言えましょう。

保有銘柄によって、かなり温度差が出ています。含み損を抱えたまま身動きが取れない状況は今は避けたいところ。

今のうちに保有銘柄の見直しをしておかれることがお薦め

株は購入後の値動きは単純ではありません。

もし、購入後の値動きが一律に同じように上昇していくのであれば、非常に単純です。

購入時の選択さえきちんと出来れば、満足いく結果になっていきましょう。

しかし、実際には単純ではなく、一つとして同じ動きのない千差万別の値動きとなっていきます。

人の心理が絡むから、又、複雑になっていきます。

皆が上がると思ったら天井になったり、皆がもう駄目だと思ったら底になったりと、心理も値動きもコロコロと変わっていくのが株の値動きの特徴です。

本当に売った方が良い時期と、我慢して保有を続けた方が良い時期があり、こうゆう見極めが非常に難しく運命の分かれ道になったりします。

失敗したらどう取り返せば良いのか?
上昇していても、どこで売るのか?
他の銘柄が上昇してきたら銘柄を入れ替えるべきか?

など株は購入後に様々な葛藤が生まれるものです

今、含み損を抱えてしまっている方は、保有株の入れ替えを一部考えてみてはどうでしょうか?

たった一つの売買が皆様の資産形成の将来を大きく変えていくことに繋がっていきましょう。

執筆者 藤村哲也

執筆者 : 藤村哲也|ライジングブル投資顧問代表

ライジングブル投資顧問で代表を務める藤村は中国株、日本株の助言を3万人以上に行ってきた実績を持ち,株による資産形成をサポート。オールアバウト株担当ガイド。元UFJつばさ証券で部長代理をつとめ、現在ライジングブル投資顧問で代表取締役を務める。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 16
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 11
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

DMM FX 21

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 14
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 12
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
DMM FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC