米中貿易摩擦懸念で、ドル円大陰線。

昨日のドル円は、110.32円で始まると、東京時間は日経平均の軟調などを受け110.13円まで下押しとなるが、その後は110.30円前後まで買い戻された。ロンドン時間、110.30円前後の小動き。NY時間、米中貿易摩擦が長期化するとの見方で、欧米株が軟調。5月の米製造業・サービス部門PMI速報値・4月米新築住宅販売件数が予想を下振れたこともあり、ドル円は109.45円まで下落し、109.59円でクローズをむかえた。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標